佐渡|うさぎが集まる観光スポット!長谷寺の歴史やアクセス方法も

sado/佐渡ヶ島
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
スポンサーリンク

佐渡島でうさぎが集まる場所をご存知でしょうか。

佐渡の山奥「長谷寺」では、愛くるしいうさぎたちを見ることができ、観光スポットとして人気があります。

この記事では、うさぎの愛くるしい様子や観光で訪れるべきスポット、アクセス方法を、写真付きでご紹介します。

佐渡の楽しみ方が分かりますので、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

佐渡のうさぎは愛くるしい!

結論から言うと、「佐渡のうさぎはとても愛くるしい」のです。

人間が大好きで、近寄っても怖がらず、むしろうさぎから寄ってくるほど人懐っこい性格。

近くで写真を撮っていても、嫌がるうさぎは少ない印象でした。

こんな可愛らしい顔もします。

長谷寺のうさぎ

癒されますね。

もう、どんなポーズを取られても、単純に「かわいい!」と連呼をしたくなるほど愛くるしいです。

ちなみに、長谷寺のうさぎ小屋(ゲージ)には、数十匹以上のたくさんのうさぎが暮らしています。

そのため、見かける種類もさまざまで、性格や色も個性があります。

長谷寺のうさぎ

可愛いですね~。

あ、また言ってしまいました。

長谷寺のうさぎ、実は大きな「ウサギ観音様」が2匹がいるのです。

うさぎを見守る2匹の「ウサギ観音様」

長谷寺ウサギ観音

大自然の中にたたずむ「長谷寺」。

長谷寺境内の上へと昇ると、2匹のウサギ観音様が現れます。

子ウサギと、親ウサギでしょうか。

大きさの違う、耳がピンと張った立派な姿のウサギ観音様。

じつは長谷寺では、自然に生えるタンポポやヨモギなどの、「草を刈るため」に草取りうさぎが境内で働いている(暮らしている)のです。

境内では、うさぎに配慮をして除草剤を一切使わないそうです。

自然のサイクルがある、素晴らしい取り組みですね。

では、実際にうさぎの働いている様子を見てみましょう!

長谷寺のうさぎ

どんな瞬間も、可愛いですね~!

ウサギ観音様の周りでは、長谷寺のうさぎたちが草取りに励んでいる様子を見ることができます。

「まずは、うさぎに会いたい!」という方は、長谷寺のウサギ観音様を目指すと、スムーズに出会うことができますよ。

期間限定?!マスクを付けたウサギ観音様

コロナウイルスが流行している間、長谷寺を訪れた時の写真です。

ウサギ観音様もしっかり対策をとられている様子。

ちなみに、ウサギ観音様のサイズは6m!

大きなスケールなので、近くで見るととても迫力があります。

ウサギ観音様について詳しく知りたい方は、下記の長谷寺公式サイトから詳細をご確認いただけます。

>公式サイト:ウサギ観音|長谷寺

うさぎが見られる佐渡の「長谷寺」とは?


そもそも、長谷寺とはどのような特徴があるのでしょうか。

長谷寺は、約1,200年前から伝わる歴史あるお寺。

佐渡島に島流しされた「世阿弥」も長谷寺を訪れたと、「道の記」に残されています。

境内の十一面観音立像3体は「国宝」に指定、そのほか新潟県の「重要文化財」に指定されている建物もあります。

そのため長谷寺は、うさぎだけでなく歴史も楽しめる場所として、老若男女が訪れる観光スポットとして人気です。

佐渡の長谷寺へのアクセス方法は2つ

「佐渡で観光するなら長谷寺に行ってみたい!」と感じていただけた方へ、次に長谷寺へのアクセス方法をご紹介しますね。

長谷寺への行き方は、以下2つです。

【長谷寺へのアクセス方法】

  1. バス:車を運転しない人向け
  2. レンタカー・車:自由に観光したい人向け

長谷寺行きのバスがあります。

ただし、「色々なも観光地を訪れたい」「自由に見て回りたい」という方は、レンタカーまたは車での移動をおすすめします。

それでは、詳しく見ていきましょう!

①バスでの行き方:車を運転しない人向け

バスは、本数が少ないため時間に遅れないよう気を付けてくださいね。

行き方は以下の通りです。

  • 佐和田バスセンター⇒岩首線乗車⇒長谷下車

時刻を詳しく知りたい方は、「新潟交通佐渡株式会社」よりご確認いただけます。

ただし、好きな場所を訪れたい人にとっては、時刻が限られ本数が少ないバスは向いていないと言えるでしょう。

車を運転することができる場合は、次にご紹介するレンタカーの利用もぜひ検討してみてください。

②レンタカー・車:自由に観光したい人向け

佐渡には、電車や新幹線などが無く、バスの本数も少ないです。

そのため、自由に好きな場所を訪れたり、時間を気にせず旅行したいという人は、レンタカーを利用しましょう。

ここでは、「佐渡汽船両津港」と「佐渡汽船小木港」の2つのルートをご紹介します。

アクセス時間は、以下の通り。

  • 佐渡汽船両津港からは約25分
  • 佐渡汽船小木港からは約45分

 

両津港⇒長谷寺のルート

 

小木港⇒長谷寺のルート

まとめ

以下は、長谷寺のうさぎのまとめです。

・長谷寺は1200年以上歴史のある場所
・草取りしているうさぎを見ることができる
・ウサギ観音様2匹を目指して境内を登れば、うさぎに会える
・アクセス方法はレンタカーで行くのがおすすめ

佐渡の旅行を計画している方は、ぜひうさぎを見に長谷寺を訪れてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました