超簡単!コロナ石油ストーブの使い方を写真付きで解説

思ったよりも簡単!コロナ石油ストーブの使い方を写真付きで解説

石油ストーブの使い方が難しそう…と感じていませんか?

実はわたしも、石油ストーブを購入するか悩んだ際に使い方が面倒なイメージがありました。

しかし実際に使ってみると、慣れてしまえばそれほど苦になりません。

そこで今回は、コロナ石油ストーブの使い方を写真付きで分かりやすく解説します。

石油ストーブの使い方がわかりますので、ぜひ参考にしてください。

コロナ石油ストーブの使い方を写真付きで解説

ここからは、コロナ石油ストーブの使い方を写真付きでご紹介します。

今回使用したのは、こちらの石油ストーブです。

こちらは対流式のため、中心に燃料部分があります。

あみ
あみ

炎の燃えている様子を中心の窓から見ることができ、インテリアとしてもおしゃれな石油ストーブで気に入っています。

あると便利!石油ストーブを使う前に用意したいもの

石油ストーブは灯油を扱うため、万が一に備えた道具があると安心です。

私が普段使うアイテムをまとめましたので、お役に立てたら嬉しいです。

あると便利なアイテム

  • ローラー付きの台車
  • 灯油タンク
  • 電動給油ポンプ
  • 厚手のハンカチ
  • ゴム手袋

灯油タンクの容量が大きと重くて運びづらいので、持ち運びをサポートしてくれるローラー付きの運び台があるとさらに便利です。

こちらのポリタンクなら、灯油ポンプを収納するスペースも付いているため片付けがとても楽です。

灯油タンクは、ビビットな赤やオレンジ色と目立つものが多いです。

人目が気にならないインテリアとしてもおしゃれなデザインを求める方は、シックな3色から選べるこちらがおすすめです。

created by Rinker
瑞穂化成工業(Mizuhokasei)

また、給油中に灯油がこぼれてしまうこともあるため、厚手のハンカチや新聞紙を用意し、薄手のゴム手袋を着用しておくと安心です。

それでは実際に、写真付きでコロナ石油ストーブの使い方を見ていきましょう。

1.灯油を給油口から入れる

コロナ石油ストーブの使い方

まずは、灯油を給油口から入れます。

灯油を入れる際は、給油ポンプを使います。

手動の給油ポンプよりも電動式のほうが断然早く、時間も手間もストレスも軽減されるのでおすすめです。

2.左下のレバーを下に押す

コロナ石油ストーブの使い方

左下のレバーをカチッと音がするまで下に押します。

3.中央のレバーを右に全開にまわす

コロナ石油ストーブの使い方

中央のレバーを右に全開に回します。

最後まで回し切ると止まり、それ以上は回らなくなります。

中途半端に回してしまうと、異常燃焼の原因にもなるのでしっかり最後まで回してくださいね。

4.点火と書かれたレバーを下に押す

コロナ石油ストーブの使い方

「点火」と書かれたオレンジ色のレバーを一度で下に押します。

レバーを押す長さは2~3秒ほどでOKです。

【レバーの押し方に注意】

何度も下に押したり長く押しすぎると、不燃の原因となるので危険です。

あみ
あみ

私も過去に、レバーを長く押しすぎたため黒い煙が立ち上り、部屋中に異臭が充満して危険を感じました。

押す際のポイントは、次にご紹介する「手順5」の小さい窓からのぞいて、オレンジの炎がついたら手を放すことです。レバーはゆっくりと離してくださいね。

5.小さな窓を開けてつまみがズレてないか確認する

コロナ石油ストーブの使い方

小さな窓を開け、中のつまみを指でつまみ、左右に動かして皿がズレていないかを確認します。

燃焼筒がズレていると、異常燃焼の原因となり火事につながるので注意が必要です。

中のつまみは、石油が燃焼してもすぐには熱くなりませんので、素手で触っても問題ありません。

6.火力を調節する

炎が大きくなり過ぎると、燃費が悪くなるだけでなく、空気中の酸素の消費量も増えて危険です。

そのため、使用中の炎が大きい場合には、中央のレバーを「消化」の方向へ軽く左に回して火を弱めます。

中央の円盤から炎が出すぎないぐらいが目安です。

コロナ石油ストーブの使い方

ただし、炎が極端に小さすぎると不燃の原因になるので、少しずつ調節をするようにします。

【消化の方法】中央のレバーをゆっくりと左にまわし切るだけ

コロナ石油ストーブの使い方

消化する方法は、とても簡単です。

中央のボリュームをゆっくりと左に回し切るだけでOKです。

徐々に炎が弱まり、数分後には完全に火が消化されます。

あみ
あみ

「ガス料金をもっと安くしたい」とお考えの方は、こちらから比較ができますので、ぜひご利用ください。

>>ガス料金を比較してみる

まとめ

スイッチ一つで電源が入る電気ストーブと比べて、石油ストーブの使い方は手順は多いように感じるかもしれません。

しかし、何度も使用して慣れた今では、それほど苦に感じていません。

電気を使わないからこそ災害時に役立つと考えると、使い方に慣れるメリットも大きいと言えるでしょう。

こまかい注意点などもありますので、記事だけでなくあわせて取扱説明書も確認してみてくださいね。

▽こちらもおすすめ

燃費は悪い?実際に使ってわかった石油ストーブ1時間あたりの消費量 燃費は悪い?実際に使ってわかった石油ストーブ1時間あたりの消費量 【ブログ】石油ストーブの簡単おすすめレシピ6選!不向きな料理も 【ブログ】石油ストーブの簡単おすすめレシピ6選!不向きな料理も