イタリア語の色の単語75選!イタリアの国旗の色や意味も解説

イタリア語の色の単語75選!イタリアの国旗の色や意味も解説

ami
ami

Ciao!イタリア語を独学するamiです。

早速ですが、イタリア語で色の表現を習得したら、どんな場面で活用したいですか?

  • イタリアのお店で自分好みの服を探す時
  • 部屋のインテリアを考える時
  • おしゃれなお相手のセンスをほめる時

イタリア語で色の単語が分かるだけで、イタリア旅行がさらに楽しくなるでしょう。

そこで、この記事ではイタリア語の色の単語を75個ご紹介します。

よく使う人気の色だけでなく、記事の後半では青系統・赤系統といった7種類の系統に分けて類似する色をまとめました。

イタリア語で色の表現が分かるようになりますので、ぜひ参考にしてくださいね。

人気カラーのイタリア語を一覧表で確認!カタカナ発音あり

まずは、よく使われる色をイタリア語で見ていきましょう。

カタカナの読み方も載せていますので、ぜひあわせて確認してださい。

色(colore)イタリア語読み方
bluブル
verdeヴェールデ
黄色gialloジャッロ
オレンジarancioneアランチォーネ
rossoロッソ
violaビオーラ
ピンクrosaローザ
biancoビアンコ
灰色grigioグリィージョ
neroネーロ
茶色marroneマッローネ
ボルドーbordeauxボルドー
シアンcianoチャーノ
空色celesteチェレステ
薄紫lillaリッラ
赤紫fucsiaフクスィア
緋色(ひいろ)porporaポルポラ
金色oroオーロ
銀色argentoアルジェント
ベージュbeigeベジュ

色の明度を表す「暗い」「明るい」はイタリア語で何という?

イタリア語で暗い「scuro」明るい「chiaro」の表現方法

イタリア語で色の明るさを表現する時は、色の単語の後に、下記の単語を付け足せばOKです。

明暗を表すイタリア語

  • 暗い:scuro(スクーロ)
  • 明るい:chiaro(キアーロ)

実用例も見ていきましょう。

例えば、「暗い緑」は『verde scuro』、「明るい緑」は『verde chiaro』と表します。

色(colore)イタリア語読み方
暗い緑verde scuroヴェールデ スクーロ
明るい緑verde chiaroヴェールデ キアーロ
暗いグレーgrigio scuroグリージョ スクーロ
明るいグレーgrigio chiaroグリージョ キアーロ
暗い茶色marrone scuroマッローネ スクーロ
明るい茶色marrone chiaroマッローネ キアーロ
ami
ami

色の単語の後に、暗い・明るいの形容詞を付け足すだけで表現できるので、活用の幅が広がります!

お洋服を選んでいる時に、「もう少し明るい〇〇色はありますか?」という時にも使えますので、ぜひ覚えておきましょう。

【色の系統別】イタリア語の色見本75選!

ここからは、より詳しく色のイタリア語を見ていきたいと思います。

こちらの色の系統別に、イタリア語の単語・読み方・色見本を一覧表でご紹介します。

ご紹介するイタリア語の色

原色に限らず、様々な色のイタリア語が分かるのでぜひ参考にしてくださいね。

色コードの注意点:色の見え方は、利用される紙やパソコンなどの環境によって異なります。また、色コードが実際の色と異なるケースもありますので、ご理解いただいた上でご利用ください。

青系の色のイタリア語

青系のイタリア語の色
色(colore)イタリア語読み方カラーコード
bluブル0000FF
アズールazzurroアッズッロ007FFF
シアンcianoチャーノ00FFFF
空色celesteチェレステ99CBFF
アクアマリンacquamarinaアックワマリーナ7FFFD4
コバルトブルーBlu di Persiaブル ディ ペルスィア1C39BB
コバルトcobaltoコバルト0047AB
マリンブルーBlu marinoブル マリーノ000080
ナイトブルーBlu notteブル ノッテ191970
濃紺(ネイビー)Blu scuroブル スクーロ00008B
デニムDenimデニム1560BD
ライトデニムDenim chiaroデニム キアーロ5E86C1
サファイアZaffiroザッフィーロ0F52BA

日本語でも馴染みのある空色は「celeste」、濃紺は「blu scuro」と表現します。

青というイタリア語の「blu」に、単語を組み合わせて表現する色もあります。

例えば、「夜」という単語の『notte』を加えて、『blu notte』で「ナイトブルー」。

「海」という単語の『marino』を加えて、『blu marino』で「マリンブルー」と表現します。

赤系の色のイタリア語

赤系のイタリア語の色
色(colore)イタリア語読み方カラーコード
赤色RossoロッソFF000
レンガ色Rosso mattoneロッソ マットーネB22222
ピンクレッドRosso rosaロッソ ローサFF6088
ルビー色RubinoルビーノB72755
スカーレットScarlattoスカルラットFF2400
サングリアSangriaサングリーア92000A
躑躅(つつじ)色AzaleaアザレーアD3305D
ラズベリーLamponeランポーネE30B5C
蘭色OrchideaオルキデーアDA70D6
アザミ色CardoカルドD8BFD8
ボルドーBordeauxボルドー800000
パステルピンクRosa pastelloローサ パステッロFFD1DC
ピンクRosaローサFFC0CB

赤系の色には、日本の色と同様に、花で表現するものも多いです。

鮮やかなピンクの色の躑躅(つつじ)色は、イタリア語で躑躅を意味する「Azalea」という単語で表現します。

また、紫がかったピンク色は、蘭という単語の「Orchidea」を使います。

赤紫色は、アザミという花の単語の「Cardo」です。

赤系の色を見ていくと、植物の色は万国共通に近いのだと気づかされます。

紫系の色のイタリア語

紫系のイタリア語の色
色(colore)イタリア語読み方カラーコード
アメジスト色Ametistaアメティスタ884DA7
藤色GlicineグリーチネC9A0DC
藍色Indacoインダコ4B0082
ヘリオトロープ色HeliotropeヘリオトロープDF73FF
淡いラベンダー色Lavanda pallidoラヴァンダ パッリドDABAD0
ラベンダー色LavandaラヴァンダE6E6FA
Prugnaプルンニャ660066
バイオレットViolaヴィオーラ8000FF
茄子紺Viola melanzanaメランザーナ800080

紫系統の色も、花で色を表現するものが多いです。

日本でも馴染みのあるラベンダーは、イタリア語で「Labanda」と表現し、色の表現にも使用されます。

「淡い」という濃淡の表現は、色の単語の後に「pallido」を加えるだけでOKです。

したがって、淡いラベンダー色という単語は「Lavanda pallido」と、表すことができます。

緑系の色のイタリア語

緑系のイタリア語の色
色(colore)イタリア語読み方カラーコード
アスパラガスAsparagoアスパーラゴ87A96B
茶葉Foglia di tèフォッリャ ディ テ008080
翡翠(ひすい)Giadaジャーダ00A86B
アスパラガスグレーGrigio asparagoグリージョ アスパーラゴ465945
ピスタチオPistacchioピスタッキオ93C572
Verdeヴェルデ00FF00
森林Verde forestaヴェルデ フォレスタ228B22
マリングリーンVerde marinoヴェルデ マリーノ2E8B57
ライトグリーンVerde menta chiaroヴェルデ メンタ キアーロA6FBB2
モスグリーンVerde muschioヴェルデ ムスキオA6FBB2
オリーブolivaオリーヴァ808000
パステルグリーンVerde pastelloヴェルデ パステッロ77DD77
ダークスプリンググリーンVerde primaveraヴェルデ プリマヴェ―ラ177245
エメラルドグリーンVerde smeraldoヴェルデ ズメラルド50C878

緑色に関するイタリア語では、野菜にまつわる単語が多いです。

オリーブ色の「oliva」、ピスタチオの「Pistacchio」、アスパラガスの「Asparago

さらには、ミントはイタリア語で「menta」ですが、ライトグリーンは「verde menta chiaro」、つまり明るいミントグリーンという表現をしています。

食べ物にまつわるイタリア語も併せて覚えると、表現の幅が広がりそうです。

黄系の色のイタリア語

黄系のイタリア語の色
色(colore)イタリア語読み方カラーコード
オレンジArancioneアランチョーネFF6600
チョコレートCioccolatoチョッコラートD2691E
コーラル(珊瑚)CoralloコラッロFF7F50
黄色GialloジャッロFFFF00
ハニーイエローGiallo mieleジャッロ ミエーレA98307
パステルイエローGiallo pastelloジャッロ パステッロFFFF66
小麦色GranoグラーノF5DEB3
レモンLimoneリモーネFDE910
レモンクリームLimone cremaリモーネ クレーマFFFACD
ライムLimeライムCCFF00
ゴールドOroオーロFFD700
梨色PeraぺーラD1E231
マスタードSenapeセナぺFFDB58

黄色系統のイタリア語では、英語表記と似ている単語が多いので、覚えやすいです。

たとえば、レモンは英語でlemonですが、イタリア語では「Limone」です。

お菓子のチョコレートは英語でchocolate、イタリア語では「Cioccolato」。

綴りも、響きも似ていますよね。読めなくても英語と表記が似ている、と感じる単語があるのが黄色の特徴です。

灰色・白色・黒色の色のイタリア語

灰色・白色・黒色系のイタリア語
色(colore)イタリア語読み方カラーコード
neroネーロ000000
BiancoビアンコFFFFFF
アンティーク ホワイトBianco anticoビアンコ アンティーコFFFEEF
フローラル ホワイトBianco florealeビアンコ フロレアーレFFFAF0
無煙炭Antraciteアントラチーテ293133
ArgentoアルジェントC0C0C0
アイボリー(象牙)Avorioアヴォ―リオFFFFF0
ベージュBeigeベジュF5F5DC
グレー(50%)Grigioグリージョ808080

白、黒と言っても、一概に一色ではありません。

様々な色の表現があるので、あわせて確認してみてくださいね。

個人的には、アイボリーという色が象牙(ぞうげ)の意味だと初めて知りました←

イタリア語でアイボリーは「Avorio」、読み方はアヴォ―リオです。

皆さんもぜひ、Avorioというイタリア語の単語を覚えていってくださいね。

イタリアの国旗は何色?意味やカラーコードについても解説

イタリアの国旗は何色?意味やイメージについても解説

イタリアの国旗は緑・白・赤の3色で構成され、「tricolore(トリコローレ)」、フランス語ではトリコロールと呼ばれています。

tricoloreとは、男性名詞で「三色旗」、形容詞では「三色の」という意味を持ちます。

また、国旗の緑・白・赤のそれぞれの色には意味があるのです。

イタリアの国旗の意味

  • :自由と国土
  • :平等と雪と正義
  • :情熱と博愛(友愛)

仮説ですが、イタリアの国旗を別の意味に捉えるケースもあるようです。それは、「マルゲリータピザ」。

マルゲリータピザの色

  • :バジル
  • :モッツアレラチーズ
  • :トマトソース

マルゲリータピザと掛け合わせてイメージするのは、何ともイタリアらしい発想ですよね。

イタリアの国旗のサイズや色コード

イタリアの3色は、すべて同じ幅で垂直な3つの帯から構成されています。

サイズの比率は、縦が2であるのに対して横は3、つまり2:3の比率です。

2006年から使用されているイタリアの国旗の色は、以下の通りで、スカーレットレッドや白色光の白などが使用されています。

色(colore)イタリア語カラーコード
緑(シダグリーン)verde felce008C45
白(ブライトホワイト)bianco accesoF4F9FF
赤(スカーレットレッド)rosso scarlattoCD212A

イタリアの国旗は緑白赤の3色を基調としてる点は類似していますが、歴史や年代によって旗のデザインが異なります。

Wikipediaでは、歴史的背景を踏まえて年代別にイタリアの国旗を確認できますので、気になる方はチェックされてみてくださいね。

【参考サイト】

イタリア語を活かしてワインの資格取得を目指そう

  • イタリアの文化を深く知りたい
  • イタリアに関わる資格が欲しい
  • イタリア語を活かして仕事に就きたい

イタリア語を活かすには、イタリアの歴史と深く関わりのある「ワイン」の資格がおすすめです。

イタリアにワインが伝えられたのは、紀元前8世紀。その後ローマ時代にはゲルマン民族の侵入により一時低迷を迎えますが、ルネッサンスと共にワイン文化も再び盛んになりました。

ami
ami

そして現代のイタリアは、ワイン生産量が世界1位と言われるほどのワイン文化を誇る国です!

イタリアのワインを国内で勉強し、ワインに関する資格を取得するなら【アカデミー・デュ・ヴァン】がおすすめです。

ワイン講座

ワインスクールとして30年以上の長い歴史を持ち、ビギナーからプロフェッショナルまでの幅広いクラスから、自分に合ったコースを選ぶことができます。

また、接待や会食で役立つワインのマナー講座もあるため、ワインの知識だけでなく、レストランで役立つ立ち振る舞いなども学べます。

多様なワインに関する資格のなかから、自分にぴったりなコースを選べますので、こちらから実際にご覧になってみてください。

ワインの資格を見てみる

まとめ

イタリア語で色の表現をご紹介しました。

頻繁に使われる色の単語から、珍しい色の単語まで、計75色の色のイタリア語をまとめています。

イタリア語で色の名前を習得し、買い物やインテリア選びなど、ぜひ活用していきましょう。

イタリア語の色の単語を知りたい!という方の参考になれば嬉しいです!

ami
ami

それでは、A presto(またね)!

▽こちらもおすすめ

食べ物にまつわるイタリア語105語一覧!単語の性や読み方もご紹介 食べ物にまつわるイタリア語105語一覧!単語の性や読み方もご紹介 レストランの店員が使う接客イタリア語 レストランの店員が使う接客イタリア語会話!注文や予約で役立つ単語も