フィリピンのエルニドってどんな場所?行き方や一人旅の知識を解説

エルニド旅行 cebu/セブ

フィリピンにある最後の秘境と呼ばれる「エルニド(El Nido)」。

「エルニド」がどのような場所なのか気になりますよね。

そこでここでは、「エルニドとは」「エルニドへの行き方」「おすすめのカフェ・レストラン」についてご紹介します。

また、エルニドで賢く宿泊するために、民泊サイト「エアビー」の活用ポイントも載せています。

フィリピン旅行を計画している方は、エルニドという素晴らしい島を知ることができるので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

スポンサーリンク

フィリピンの「エルニド(El Nido)」ってどんな場所?

神によって造られた秘境といわれる「エルニド(El Nido)」。

エルニド諸島は、海洋保護区に指定された美しい島です。

ここでは、エメラルドに輝く透き通った海、白い砂浜、緑の生い茂る大自然の光景を眺めるができます。

フィリピンの「エルニド(El Nido)」ってどんな場所?

エルニドの海は、青というよりも透き通ったエメラルドグリーン色!どこまでも海岸に続く海は絶景です。

エルニドの海は、日本ではなかなか見られない、透明度の高いエメラルドグリーン色。

人生で一度は見たい光景です。

エルニド(El Nido)はどこにあるの?

エルニドは、南シナ海に浮かぶ「パラワン諸島」の北側に位置しています。

エルニドリゾーツには、数十島の島々が属しています。

なかでも、ミニロック島、パングラシアン島、ラゲン島の3島は、エルニドリゾーツでも有名です。

エルニドの北はフィリピンの首都「マニラ」、東側には「セブ」に囲まれています。

エルニドへの行き方は?

エルニドへの行き方は?

エルニドへ向かうには、日本からの行き方と、国内線経由の2つの方法があります。

  • 日本→セブorマニラ→エルニド
  • セブorマニラ→エルニド

日本からエルニドへの直行便はありません。

そのため、エルニドへ行くならば、フィリピンの大都市「セブ」または「マニラ」を経由して、乗り換える必要があります。

エルニドへの飛行時間はどのくらい?

飛行機に乗る時間は、どれくらいかかるのでしょうか?

東京から向かう場合は約4~5時間、国内線ならば約1時間30分で到着します。

【エルニドへの所要時間】

 

行き方:東京→セブorマニラ→エルニド

所要時間:約5時間

 

行き方:セブorマニラ→エルニド

所要時間:約1時間半

航空券は「AirSuift」から予約する

チケットの予約は、フィリピンの国内線を運航する「AirSuift」にて行います。

公式サイトのページは英語で記載されていますが、Google翻訳機能を使えば、日本語で確認できます。

英語での予約が不安な方は、活用されてみてくださいね。

また、遅延や欠航などのアクシデントに備えて、空港には余裕を持って到着しておくことをおすすめします。

トランジット(乗り換え)のタイミングによっては、マニラやセブの空港付近に1泊すると、安心してフライトに備えることができるでしょう。

「agoda」で空港近くのホテルを探す

エルニドタウンのおすすめカフェ&レストラン

エルニドタウンのおすすめカフェ&レストラン

エルニドは、自然に囲まれた島なので「飲食できる場所はあるの?」「値段はどこも高そう」と、食への不安が大きいですよね。

実際に私も、エルニドに行く前までは「食料を事前に鞄に詰めて行こう」なんて心配していたほどです。

エルニドへ降り立ってみると、なんと素敵なお店がたくさんあります!

値段は、お店によって異なりますが、日本と比べて安い印象でした。

エルニドでカフェを楽しむなら海辺がおすすめ

エルニドの海沿いには、素敵なカフェがたくさんあります。

ドリンクは、カクテル、ビール、ワイン、ノンアルコール、ジュースなど、豊富な種類から選べます。

また、夕方に近づくと、ハッピーアワータイムが始まるようです。

安い時間を狙ってお店へ行くと、半額近い値段でドリンクを飲むことができました。

カフェの看板にPOPが貼られているはずので、ぜひチェックしてみてください。

カフェ、海岸沿いに連なっています。場所を載せていますので、参考にしてください。

【周辺地図】

ランチやディナーなら、中心街がおすすめ

エルニドタウンの海辺から、1本道路を進むと、飲食店が連なる中心街が見えてきます。

この場所には、イタリアン料理、スペイン料理、中華料理、フィリピン料理など、各国のレストランがお店を出しています

料理には、海老、イカ、魚などのエルニド特有の海の幸が多い印象です。

食べる場所に困る心配はなく、むしろ行きたいお店が多くて嬉しいほど。

どのお店も、昼・夜と営業していることが多かったので、ぜひ色々なレストランで食べてみてくださいね。

【周辺地図】

エルニドタウンならば、一人旅しても問題ない?

エルニド市内ならば、一人旅しても問題ない?

エルニド市内への一人旅は、英語が通じたり、観光客で人の多い場所なので、十分に気を付けていれば問題ないと思います。

ただし、夜遅くに外出しない、危険な場所に行かないなどの、自分を守る行動は欠かせません。

一方で、エルニド市内を出て田舎へ行くと、英語が通じない場所は多いです。

田舎の方へいくと、携帯の電波が入らなかったり、人をほとんどみかけなかったりと危険な環境も多いので注意してください。

安全な旅行にするためにも、エルニド諸島のどの場所へ行くかは前もって計画しておくことをおすすめします。

  • エルニドタウン:英語が通じるうえ、観光客で人が多いので比較的安心感がある
  • 地方:英語が通じない・人が少ない・電波が入らないので、注意が必要

エルニドの物価は高い?長期滞在のための知識

私はエルニドで2週間の長期滞在を経験しました。

長期滞在となると、やはり気になるのが「物価」です。

エルニドの物価は、セブ島よりも少し高め、日本よりは安めな印象です。

場所によって価格は異なりますが、レストランやカフェでの食事は観光客向けに提供されている場所が多いため、比較的高く感じました。

出発前に現金を両替しておこう

エルニドはカードが使えないお店が多く、田舎へ行けば行くほど、現金のみのお店が増えてきます。

そのため、カード支払いができないことを想定して、事前に現金を両替しておきましょう。

いざという時に役に立ちます。あと、タクシーも現金払いが多いです。

現金を持っていない状態では、移動手段も限られてしまうので、気を付けてくださいね。

エルニドで安く宿泊したいならば「エアビー」がおすすめ

エルニドで安く宿泊したいならば「エアビー」がおすすめ

エルニドは「リゾート地」というイメージが強く、海外からの旅行者にも人気です。

絶景のロケーションで素敵なホテルに宿泊したいところですが、長期滞在となるとなるとなるべく安く済ませたいとことです。

そこで費用を抑えて宿泊したい人におすすめなのが、一般の人が貸し出す宿をレンタルできる「エアビー」の利用です。

【体験談】エルニドでエアビーを利用してみた!

先程もお伝えしましたが、私はエルニドに約2週間滞在していました。

その間の宿泊は、全てエアビーで予約を済ませています。

そこでここでは、エルニドでエアビーを利用した体験談をご紹介します。

【エルニドで「エアビー」を利用した感想】

  • エルニド市内なら、ヒットする宿の数が多い
  • 田舎に行くほど、宿の数が少ない
  • 1ヶ月前になると良い部屋は満室になるので、気に入った宿があれば早めに予約した方が良い
  • 価格が安すぎるのは、虫が出たりするので注意
  • 写真だけでは分からない事が多いので、利用者の評価も必ずチェックが必要

エアビーには、価格の安い宿から高級ホテルのような部屋までさまざま掲載されています。

ただ、あまりにも安すぎると「シャワーが出ない」「虫が出る」などの不便さが伴うようなので注意が必要です。

宿泊先で嫌な思いをしないためにも、かならず利用者の評価・口コミを見てから予約しましょう。

はじめてエアビーを利用するという方は、友達紹介による「宿泊料金の割引」が受けられるリンクから登録するのがおすすめです。

5,000円近い割引が適用されるので、初めての方はこちらのリンクから登録を済ませてくださいね。

「エアビー」の宿泊割引を受け取る

あってよかった!エルニド旅行で役立つアイテム3つ

あってよかった!エルニド旅行で役立つアイテム3つ

エルニド旅行で「これがあればよかった!」「買ってて役に立った!」というアイテムがあれば、渡航前に知っておきたいですよね。

そこでここでは、これだけは買っておきたい、エルニド旅行で役立つアイテム3選をご紹介します。

旅を快適にしてくれるアイテムなので、「まだ準備していない」という方は、ぜひ持ち物リストに追加しましょう。

おすすめアイテム①ビーチサンダル

「え、当たり前!」という声が聞こえてきます。

ここでおすすめするビーチサンダルは、海岸用ではなく「部屋用のビーチサンダル」です。

なぜ「部屋用にもビーチサンダルが必要か?」と言うと、室内で靴を脱ぐ文化がないため、サンダルがないとかなり不便だからです。

例えば、蒸し暑い室内で、それもシャワーを浴びた後に、かかとを覆う靴を履きたいと思えないですよね。

そこで部屋用のビーチサンダルが1つあるだけで、室内での過ごし方もかなり快適になります。

まだ用意していない方は、今すぐにビーチサンダルを、外用と室内用の2足用意しましょう。

おすすめアイテム②帽子

日焼けしたくない人は、帽子があると便利です。

エルニドでは日傘をさしている人が居ない上、道が狭いので日傘は通行の妨げになってしまいます。

また、海沿いは木陰が少ないので、がっつり日焼けしてしまいます。

両手が使えた方が安全性も高いので、日焼けから守りたい時は帽子を持って行きましょう。

帽子選びのポイントは、首周りにヒモの付いているものがおすすめです。

風で飛ばされる心配がなく、帽子を脱いだあとでもカバンに結んでおくことができるので、紛失防止にも役立ちます。

おすすめアイテム③水中ゴーグル

水着や日焼け止めなどのマリンアイテムは必須ですが、忘れてはならないのが「水中ゴーグル」です。

ゴーグルがあることで、海水でも思う存分に泳ぐことができます。

また、マリンスポーツを楽しむ際にも、視界を守るのに役立ちます。

「魚を見てみたい」「海で泳ぎたい」こんな方は、ぜひ水中ゴーグルがあると、旅行がさらに楽しくなること間違いなしです。

エルニドで素敵な思い出をつくろう!

エルニドで素敵な思い出をつくろう!

エルニドは透き通った海、白い砂浜、自然の緑に囲まれた神秘的な場所です。

エルニド市内は観光地化されており、英語が通じるので安心できますが、地方へ行くと人通りが少なかったり、電波が通じなかったりと危ない場所も多いです。

そのため、エルニドへ行くならば前もって宿泊施設を予約し、アクティビティは何をするのか予め決めておきましょう。

宿泊費を安くすませたい人は、エアビーで宿を予約するのがおすすめです。

エアビー紹介用リンクからの登録で、5,000円近い割引も受けられるので、初めての方はぜひ登録してみてくださいね。

エルニドでの旅行が思い出に残るひと時になることを願っています。

タイトルとURLをコピーしました