【セブシティ&アラヤモール内】安くて美味いフィリピン料理のレストラン2選

cebu/セブ

セブ市内で安くて美味しいフィリピン料理を食べられるレストランが知りたい!

セブ市内のレストランの数はかなり多いので、どのお店へ行くべきか悩みますよね。

そこで今回は、安くて美味しいフィリピン料理を楽しめるレストラン「Hukad」と「 Golden Cowrie」をご紹介します。

セブ市内の人気レストランが分かりますので、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

美味しいセブ料理が食べられるレストラン「Hukad」と「Golden Cowrie」

セブ市内に4店舗あるレストラン「Hukad」と「 Golden Cowrie」。

チェーン店で、フィリピン各地に店舗を構えているレストランです。

特徴はこちら。

  • 定番人気のフィリピン料理が食べられる
  • 清潔感があり、おしゃれな雰囲気
  • メニューは写真付きが多いので、注文しやすい
  • 比較的安く、ボリュームは多め

実際に食べに行きましたが、料理はかなり美味しかったです!一品のボリュームが多いので、かなり食べ応えがありました。

メニューの紹介は後述しますが、選択肢が多くて一度では食べきれないほど豊富にあります。

また、一人で食べるにはボリュームが多めです。

なので「複数人で色々と食べ比べしたい!」という時にもおすすめです。

フィリピン料理がメイン!HukadとGolden Cowrieのおすすめメニュー7選

メニューは、フィリピン料理が中心となっています。

ここからは、Hukadを食べ歩いた筆者がおすすめする料理7品をご紹介します。

珍しい料理から和食に近く食べやすい料理まで、写真付きで解説しています。

気になる料理があればぜひ試してみてくださいね。

ホタテ貝のバター焼き(BAKED BANTAYAN SCALLOPS)

ホタテのセブ料理

値段:198P(435円)

ホタテ好きにはたまらない、ホタテをふんだんに使った料理「BAKED BANTAYAN SCALLOPS」。

ガーリック、バター、チーズをホタテに乗せて、こんがりと焼いています。

バターのまろやかさと、ガーリックの香り漂う一品です。

ただし、日本食のように「ホタテの繊細な味を活かした調理法」とは真逆の料理。

ホタテの食感と後味にほんのりうまみが残りますが、基本的にガーリックやチーズ、バターの味でかき消されてしまうほど味付けは強めです。

甲殻類の塩辛で炒めた夏野菜(COWRIE PINABET)

ナスとトマトのセブ料理

値段:150Pくらい(330円)

こちらは、桜エビのような甲殻類のダシが効いた野菜の炒め物。

日本食に近い味付けで、非常に食べやすかったです。

とろとろに焼かれたナスや、あまい完熟トマトが、南国の風景にぴったり。

そして、もちろんご飯に合うメニューの一つです。

日本食が恋しいと感じた時にも、ぜひ食べたい一品です。

フィリピン風ココナッツの春巻き(NGOHIONG)

フィリピンロール

値段:85P(187円)

ココナッツを千切りにして、炒めたものを皮で包んだ揚げ料理。

※クセが少し強いので、ココナッツが苦手な人にはおすすめできません。

「現地の料理を食べてみたい」という人は、ぜひチャレンジしてみると良いでしょう。

ソースは2種類あり、チリソースと甘いソースで食べます。

食べ比べができる上、価格がかなり安いので、満足度は高めです。

ナスの煮込み料理(ADOBONG TALONG)

値段:130P(286円)

ナスの桜エビのような海鮮で味付けされた炒め料理。

味は少し濃いめなので、ビールやライスとの相性が抜群でした。

逆に言うと、単品ではしょっぱいので、ライスは必須。

ミョウガも一緒に炒められていて、苦みと香りを楽しめます。

豚肉のグリル(GRILLED PORK BELLY)

値段:175P(385円)

その名の通り、豚肉のグリル。

味噌のような甘いソースに漬けられた豚肉は、かむほど味がでるクセになります。

写真の右に添えられているのは、生姜(しょうが)です。

付け合わせで食べることで、豚の脂がさっぱりと感じられます。

こちらの料理もビールとの相性抜群でした。

空心菜の炒め物(ADBONG KANGKONG)

値段:140P(308円)

KANGKONGとは、空心菜のこと。

空心菜を醤油ベースで煮込み、炒めた料理です。

中華料理に近く、食べやすい味をしていました。

こちらも味が濃いめなので、ライスやビールを一緒に注文しておくことをおすすめします。

ライス(RICE)

値段:50P(110円)

ライスは、ボリュームがかなりあるので注文しておきましょう。

料理と比べてもその大きさがわかる程、1.5合くらいのボリュームがあります。

そして値段もリーズナブルなので、お得感がありますね。

【価格は安い】5品で1,100円(550P)だった!

「一回食べていくらくらいになるの?」と総額が気になりますよね。

そこでここでは、Hukadで実際に食べたレシートをご紹介します。

【オーダー内容】

・ホタテ貝のバター焼き:BAKED BANTAYAN SCALLOPS
・ナスとトマトの桜エビ炒め:PINABET
・フィリピンロール:NGOHIONG
・ライス
・ビール1本

合計金額:550P(1,100円)

料理、ライス、そしてビールを注文して、1,100円と格安でした。

メイン料理3品を注文してもこの値段ですので、かなり安いと言えるでしょう。

店舗によって味が違う!?HukadとGolden Cowrieの口コミ・評判

私が実際に食べ歩きした感想は、こちらです。

  • 美味しいフィリピン料理が食べられる
  • 店舗によって味付けが異なる様子
  • 清潔感がある店舗が多い
  • 売れ行きや仕入れ状況によって注文できないメニューがあった
  • テラス席があり、雰囲気はどの店舗もおしゃれ
  • 値段が安くボリュームがある

基本的な味付けは同じだと思われますが、シェフが違えば味も少し異なるのでしょう。

さらに味だけでなく、お店の雰囲気も違うので、異なる店舗で食べてみるのも楽しみが増えそうです。

Hukad・Golden Cowrieへのアクセス方法

セブ市内の店舗情報を以下ご紹介します。

アラヤモール「Hukad」

パークモール「Hukad」

「Hukad sa Golden Cowrie」

「Golden Cowrie」

アラヤモールとパークモール内の雰囲気がおしゃれ

個人的におすすめする店舗は、こちらの2つです。

  • アラヤモール内の「Hukad」
  • パークモールの「Hukad」

人の集まる場所にレストランがあるので、都会的な雰囲気を楽しむことができます。

室内席の他には、開放的なテラス席もあります。

「今日どこで食べよう」とセブ市内迷ったら、ぜひご紹介したレストランを検討されてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました