イタリア語の挨拶フレーズ!知ってると役立つ単語の意味もご紹介

イタリア語の挨拶フレーズ!知ってると役立つ単語の意味もご紹介

ami
ami

Ciao!イタリア語を独学するamiです。

今回は、頻繁に使うイタリア語の挨拶をまとめてみました。

単語の意味も紹介しているので、覚え方の一つとして参考にしてしてみてください。

イタリア語の基本のあいさつ

 【1日のあいさつフレーズ】

Buongiorno (ボンジョールノ)

⇒おはようございます

Buon pomeriggio(ボン ポメリッジョ)

⇒こんにちは

Buonasera(ボナセーラ)

⇒こんばんは

Buonanotte(ブゥォナノッテ)

⇒おやすみなさい

【時間にこだわらず使える挨拶フレーズ】

Ciao(チャオ)

⇒やあ、またね

Arriverdeci(アリベデルチ)

⇒さようなら

「Buon pomeriggio」だけ単語が間にスペースキーが入るようなので、書く際に気を付けたいです。

ちなみに、それぞれの単語には意味があります。

イタリア語のあいさつ|それぞれの単語の意味

例えば、おはようございますの「Buongiorno」は、Buono(良い)+giorno(日)という単語の組み合わせです。

その他も同じく、

・Buon pomeriggio=Buono(良い)+pomeriggio(午後)

・Buonasera=Buona(良い)+sera(夕方)

・Buonanotte=Buona(良い)+notte(夜)

と1つ1つの言葉に意味があるので、知っておくと挨拶を覚えやすい!

Buono/Buonaはどちらも英語のGoodという同じ形容詞ですが、語尾が少しだけ変化しています。

Buonoの語尾が変化するのはなぜ?

BuonoとBuonaはどちらも「良い」という形容詞ですが、Buonoが男性形でBuonaが女性形という違いがあります。

これらの使い分けは、装飾する名詞の性と数によって変化するので、少しややこしいですが覚える必要があるようです。

  • 男性・単数形⇒Buono
  • 男性・複数形⇒Buoni
  • 女性・単数形⇒Buona
  • 女性・複数形⇒Buone

語尾が少しだけ変化しているのが分かります。

今回を例にすると、sera(夕方)とnotte(夜)という名詞が女性・単数形なので、Buonaとなっています。

イタリア語を効率よく学べるおすすめの勉強法とは?

お金をかけずにイタリア語を学ぶおすすめの方法

「効率よくイタリア語を習得したい…!」

そんな方におすすめの勉強法は、イタリアの映画作品を活用することです。

イタリアの映画を見ることで、参考書では学びづらい「現地の人の発音」や「習慣」「文化」を実際に目で見て吸収することができます。

さらに俳優・女優のイタリア語のイントネーションまで細かく聞けるため、語学を習得するスピードが格段に早まります。

数あるなかでも私がおすすめするのは、映画見放題のこちらの3つです。

イタリア映画のおすすめサイト3つ

どのサイトもイタリアの映画を公開しており、語学の勉強に役立てられます。

さらに「DMMプレミアム」は30日無料で映画を見ることができるため、お得なキャンペーンを見逃さないようにしましょう。

最後に

イタリア語を勉強して数日ですが、学ぶことが毎日楽しいです!

学んだことを少しでも分かりやすくまとめていきますので、誰かのお役に立てると嬉しいです。

ami
ami

それでは、A presto(またね)!

▽こちらもおすすめ

食べ物にまつわるイタリア語105語一覧!単語の性や読み方もご紹介 食べ物にまつわるイタリア語105語一覧!単語の性や読み方もご紹介 緊急時に使える!助けを求めるイタリア語フレーズをシーン別にご紹介 緊急時に使える!助けを求めるイタリア語フレーズをシーン別にご紹介 イタリア語でペットや動物の言い方まとめ!紹介フレーズや様子をあらわす表現も イタリア語でペットや動物の言い方まとめ!紹介フレーズや様子をあらわす表現も