夕顔の実がつかない…実を確実につける受粉の方法と雌花・雄花の見分け方

夕顔の実がつかない…実を確実につける受粉の方法と雌花・雄花の見分け方
吹き出し

「夕顔の実がつかない…」
「夕顔の実が大きくならない…」

 

こんなとき、どうしたらいいの?

夕顔が実をつけるには、雄花と雌花による受粉が必要です。

受粉が成功しない場合、実が小さかったり、実がつかない原因になります。

今回は、実際に夕顔を育てた経験をもとに、雄花と雌花の違いや、受粉のやり方をご紹介します。

はじめて夕顔を栽培する方は、夕顔の育て方が分かりますので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

夕顔の実がつかない…。夕顔の実をつけるには受粉が必要

夕顔が実をつけるには、受粉が必要です。

受粉を分かりやすく言うと、雄花(おばな)の花粉を雌花(めばな)につける作業です。

クマの吹き出し

花粉を運ぶハチなど虫が多い時期は、虫さんたちが自ら受粉を行ってくれるよ。

しかし、寒い時期や天候の悪い日が続くと虫の動きが鈍くなるため、受粉の成功率が下がり、夕顔の実がつかない現象が起きてしまいます。

そこで夕顔の実を確実につけるには、人工的に受粉をするのが確実です。

次の章では「雄花と雌花の違い」や「受粉の方法」を解説していますので、あわせてご覧ください。

夕顔の雌花(めばな)と雄花(おばな)の花の違い

夕方に白い儚げな花を咲かせる「夕顔」。

夕顔はその名の通り、午前中ではなく夕方(日が沈む前の薄暗くなる時間帯)に花が咲きます。

夕顔の花は、雌花(めばな)と雄花(おばな)の2種類あります。

ここでは、写真つきで雌花と雄花を解説していますので、違いを見つけてみてくださいね。

夕顔の雌花(めばな)の特徴

クマの吹き出し

まずは、夕顔の雌花の特徴をご紹介します。

花びらを5枚持ち、花びらの中心が突出しているのが雌花の特徴です。

この突出した部分を触ると、ベトベトとしており、粘着力があります。

この理由は、雄花の花粉が付着した時に、花粉を落とさないようにするためです。

夕顔の雌花を横からも見たのがこちらです。

夕顔 雌花と雄花の違い

夕顔の雌花を横から見ると、ふっくらと丸みを帯びているのが分かります。

この丸い部分が成長すると、直径30㎝もの大きな夕顔の実となります。

夕顔の雄花(おばな)の特徴

夕顔 雌花と雄花の違い

次に、夕顔の雄花の特徴を見てみましょう。

夕顔の雄花は、花びらの中心がくぼんでおり、先端には花粉がついています。

花びらが透き通るような白さなので、緑色をした葉脈が光を受けて透けて見えますね。

夕顔 雌花と雄花の違い

雄花を裏側から見ると、スマートなシルエットをしているのが分かります。

先ほど見た雌花には果実を付ける部分がありましたが、雄花にはありません。

雄花と雌花の見分け方【結論:花の裏側を見る】

夕顔の雄花と雌花は、花の裏側を見て判断できます。

  • 丸みを帯びていれば雌花(めばな)
  • 丸みを帯びていなければ(おばな)

雌花の丸みを帯びている部分が夕顔の果実になるので、覚えておきましょう。

夕顔の花が咲いたら、ぜひ花の裏側をチェックされてみてくださいね。

夕顔の実がつかない時におすすめ!人工受粉の方法と手順

夕顔の果実を付けるには、雄花を雌花に受粉させる必要があります。

家庭菜園や畑で夕顔を育てていると、「夕顔の実が付かない…」なんてこともありますよね。

ハチなどの虫が多い時期は自然受粉で成立しますが、虫が少ないと受粉ができないケースが多いです。

そこでここからは、人工的に受粉を行う「人工受粉」のやり方をご紹介します。

手順1.雄花を摘み取り、花びらを取る

夕顔 受粉のやり方

まずは、雄花を茎の部分から優しく摘み取ります。

手で丁寧に花びらを取り除き、中心部分をむき出しの状態にします。

手順2.雄花の花粉を雌花にこすりつける

夕顔 受粉のやり方

むき出しになった雄花を、雌花の中心に優しくこすりつけます。

雌花の中心部は粘着力がありますので、花粉を乗せるイメージで、ポンポンと表面につけてください。

【注意点】夕顔の受粉は、晴れた夕方に行うのがポイント

夕顔の受粉の成功率を高めるためにも、乾いている状態で行うのがベストです。

雨が降っていたり、雨上がりなので花が濡れていると、受粉の成功率が下がるので注意が必要です。

また、夕顔の花が満開になる時間帯は、夕暮れ時です。

花の寿命は一日のみで、翌朝の午前中にはしおれかけ、昼間には枯れてしまいます。

そのため、夕顔の受粉は、花が満開になる夕暮れ時に行うようにしましょう。

まとめ

今回は、夕顔の実がつかない時の対処法をご紹介しました。

夕顔には雌花と雄花の2種類の花が咲き、受粉が成功することで実がつきます。

言い換えれば、受粉が成功しなければ、実が小さかったり、実がつかない原因になります。

雌花と雄花の見分け方や、人工受粉の方法を分かりやすく解説しましたので、参考にしていただけると嬉しいです。

error:Content is protected !!