【イタリア語】直説法近過去の作り方!essere・avereを取る動詞一覧も

【イタリア語】世界23ヵ国の単語と呼び方まとめ grammatica/文法

イタリア語で「イタリアに行ったよ!」「彼が好きだった…」は何と言うのでしょうか?

過去に完了した動作や状況は、直説法近過去(passato prossimo)で表現できます。

この記事では、直説法過去の定義、作り方、essere/avereを取る動詞の見分け方をご紹介しています。

イタリア語の表現の幅が広がりますので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

スポンサーリンク

イタリア語の直説法近過去(passato prossimo)とは

イタリア語の直接法近過去は、こちらの事柄を表すことができます。

  • 過去に完了した動作や状況
  • 現在に近い過去の動作や状況
  • 過去の経験

直接法近過去文法について詳しく知りたい方は、イタリア語の文法を中心に解説しているこちらのテキストがおすすめです。

現在形・過去形・未来形はもちろんのこと、命令形や条件法といった様々なイタリア語の文法を確認できます。

この1冊だけでイタリア語の文法はしっかり学べますので、何冊もテキストを買う必要はありません。

「イタリア語の文法をもっと知りたい!」という方に、ぜひおすすめしたい一冊です。

イタリア語の直接法近過去の作り方

イタリア語の直接法近過去の作り方

イタリア語の直説法近過去は、複合時制で作られます。

イメージとしては、英語の完了形に近いです。

Have+過去分詞で完了の表現などを表すのと似ています。

 

作り方はこちら。

【直接法過去の作り方】

 

(助動詞)essere/avere+(過去分詞)

助動詞「essere」または「avere」の現在形の後に、過去分詞を置きます。

動詞は、以下の表の通り主語によって変化します。

主語 essereの現在形 avereの現在形 過去分詞
io sono ho -ato
-uto
-ito
tu sei hai
lui è ha
noi siamo abbiamo
voi siete avete
loro sono hanno

ちなみに、ここでのessereとavereは助動詞の役割を果たしています。

動詞によって、助動詞の使い分けが決められており、詳しくは「助動詞の見分け方」でまとめています。

イタリア語のフレーズ!直接法過去の文章例

Sono andata in Italia.

→私(女性)はイタリアに行きました。

Ti ho amato.

→あなたを愛してました。

Ho studiato l’italiano ieri.

→昨日イタリア語を勉強しました。

Ho mangiato della pasta la prossima settimana

→先週パスタを食べました。

essere・avereどっちを取るべき?直説法近過去の助動詞の選び方

essere・avereどっちを取るべき?直説法近過去の助動詞の選び方

直接法半過去で使う動詞によって、助動詞essere・avereが使い分けされます。

では、どのようにして助動詞を見分けるのでしょうか?

見分け方のポイントはこちら。

【essere/avereを取る動詞の見分け方】

 

  • essere:動き・移動を表す一部の動詞
  • avere:essereを取る動詞を除く、たくさんの動詞

ポイントは、essereを取る動詞が少ないので、先に覚えてしまうこと。

動詞を一覧にまとめましたので、ぜひessereを取る動詞だけでも覚えてくださいね。

essereを取る動詞

直説法半過去でessereを取る動詞をまとめています。

助動詞にessereを取る場合は、過去分詞の動詞を主語の性に一致させる必要があります。

性の一致は、以下の通り使いけをします。

単数 複数
男性 -o -i
女性 -a -e

※複数人の中に男性が1名以上いる場合は、男性・複数の「i」を使います。

それでは、動詞を見ていきましょう。

意味 動詞の原形 過去分詞
行く andare andato/a/i/e
到着する arrivare arrivato/a/i/e
入る entrare entrato/a/i/e
降りる scendere sceso/a/i/e
登る salire saliro/a/i/e
出発する partire partito/a/i/e
留まる rimanere rimasto/a/i/e
落ちる cadere caduto/a/i/e
来る venire venuto/a/i/e
~になる diventare diventato/a/i/e
死ぬ morire morto/a/i/e
生まれる nascere nato/a/i/e

ポイントでもご紹介した通り、「動き」や「移動」を表す動詞が多いです。

他にも、「~になる」「死ぬ」「生まれる」といった動詞もessereを取ります。

【活用別】Avereを取る動詞40語一覧

avereを取る動詞は、essereを取る動詞以外です。

助動詞avereの後に続く過去分詞は、性数の一致は必要ありません。

あまりにも数が多いので、動詞の語尾別に動詞をまとめました。

動詞の語尾 過去分詞の語尾の変化
-are -ato
-ere -uto
-ire -ito

順番に見ていきましょう。

avereを取る-are⇒-ato

意味 動詞の原形 過去分詞
愛する amare amato
話す parlare parlato
食べる mangiare mangiato
キスする baciare baciato
勉強する studiare studiato
払う pagare pagato
歌う cantare cantato
見る guardare guardato
持つ avare avuto
語る raccontare raccontato
電話する telefonare telefonato
仕事をする lavorare lavorato
説明する spiegare spiegato
買う comprare comprato
持ってくる portare portato
呼ぶ chiamare chiamato
造る・創造する creare creato
見つける trovare trovato
止める fermare fermato
与える dare dato
探す cercare cercato
入る entrare entrato
賛成する concordare concordato
始まる avviare avviato

文章例

Ho mangiato tutta la torta.

→ケーキを全て食べました。

Ho studiato tutta la settimana.

→1週間勉強をしました。

Hanno raccontato la storia vera.

→彼らは本当のことを話しました。

Ha fatto una telefonata ieri.

→昨日、彼(彼女)は電話をかけました。

・Ho lavorato tutta la mattina.

→午前中ずっと働きました。

avereを取る-ere動詞⇒-uto

意味 動詞の原形 過去分詞
信じる credere creduto
恐れる temere temuto
成し遂げる compiere compiuto
読む leggere letto
取る prendere preso
書く scrivere scritto
質問する chiedere chiesto
答える rispondere risponsto
認識する conoscere conosciuto
走る correre corso
閉める chiudere chiuso

太字部分は、は、不規則に変化する動詞なので注意が必要です。

文章例

・Io ho letto una rivista.

→私は雑誌を読みました。

・Tu hai scritto un romanzo.

→あなたは本を書きました。

・Lui ha prenso una sigaretta.

→彼は煙草を取った。

・Lei ha preso una barretta di cioccolata.

→彼女は板チョコレートを取りました。

Ho chiesto  presso dei miei nonni.

→私はよく祖父母について質問しました。

Hanno risposto a tutte le domande.

→彼らは全ての質問に答えました。

avereを取る-ire動詞⇒ito

意味 動詞の原形 過去分詞
眠る dormire dormito
終える finire finito
理解する capire capito
掃除する pulire pulito
言う dire detto
感じる・聞く sentire sentito

「言う」の動詞「dire」の過去分詞は、不規則に変化します。

文章例

Ho capito tutta la spiegazione.

→私は全ての説明を理解しました。

イタリア語の動詞を覚えるにはこれ!

「動詞の活用形が覚えられない…」とお悩みではありませんか?

そんな方には、動詞を中心に解説しているこちらのテキストがおすすめです。

動詞を覚えるためのドリルになっており、現在形の活用のみならず、今回ご紹介した『過去分詞』や、命令形、直説法未来などの幅広い動詞が学べます。

ドリル形式なので、何度も繰り返し勉強できる上、苦手な動詞に絞って学ぶことも可能です。

「覚えた単語を実際に使ってみたい」「動詞の知識量を増やしたい」という方は、ぜひ参考にしてくださいね。

まとめ

イタリア語の直説法近過去は、

  • 過去に完了した動作や状況
  • 現在に近い過去の動作や状況
  • 過去の経験

を表せる文法です。

直説法近過去の作り方は、こちら。

essere/avere(助動詞)+(過去分詞)

助動詞の使い分けは、過去分詞となる動詞によって決まります。

essereを使う動詞が限られています。

そこで、essereを取る動詞を先に覚えると効率よく勉強できます。

過去形を覚えて、ぜひ一緒にイタリア語の表現の幅を広げていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました