宿泊してみた!環境に優しい「たびのホテル」の朝食や館内の様子

たびのホテル 佐渡 sado/佐渡ヶ島

新潟市からカーフェリーで2時間半の場所に位置する、自然豊かな佐渡ヶ島。

佐渡島内には旅館は多いですが、ビジネスで気軽に宿泊できるホテルは少ない印象があります。

そんな中でも、近年新しく「たびのホテル」が佐渡島の中心部に建設されました。

そこで実際に宿泊してみましたので、たびのホテルの食事や客室、館内の様子について画像付きでまとめたいと思います。

【たびのホテル│予約サイト一覧】

予約サイト 掲載の有無
楽天トラベル
るるぶトラベル
じゃらんnet
JTB
スポンサーリンク

盛り合わせて彩り豊か!たびのホテルの朝食

まずは、気になる方も多い朝食からご紹介します。

たびのホテルの朝食は、コロナウイルスの対策も兼ねて、盛り合わせのプレートでした。

たびのホテル佐渡 レビュー

ビジネスホテルでは鉄板と言える、ポテトサラダ、スクランブルエッグ、ソーセージ、お浸し、サラダなどが付いてきました。

少量で様々な一品料理が出てきたので、贅沢に食事を味わえました。

中でも、新潟ならではの「ご飯」の味が個人的に印象が残っています。

甘くてプリっとしたお米の弾力が口に残り、御代わりをしたくなるほどでした。

料理を提供しているのは、ホテルに併設されたレストラン「味彩(あじさい)」です。

たびのホテル佐渡 レビュー

ディナーも営業しています。ディナーのメニューを見てみると、

  • 釜めし
  • うどんセット
  • 丼物・定食
  • おつまみ

など豊富なメニューから選べることが分かります。

たびのホテル佐渡 レビュー

さらに、アルコールのメニューも豊富です。

  • 佐渡産の日本酒
  • ビール
  • 酎ハイ
  • カクテル
  • ワイン

など、種類が多いので、複数名でレストランを使用する際にもぴったりです。

清潔感があるので安心して泊まれる!たびのホテルの客室

たびのホテル佐渡 レビュー

一般的に古いホテルでは、カビやホコリなど気にしてしまいがちです。

しかし、たびのホテルは清潔感がありましたので、女性一人でも安心して泊まることができました。

デスクワークもある

デスクワークのスペースには、パソコンを広げて作業できる程の広さがありました。

たびのホテル佐渡 レビュー

ただし、椅子は1台のみで、机のスペースも一人用に作られていましたので、二人で同時に仕事をするには使いづらいと言えます。

コンセントの数が充実している!

特にビジネスで利用する際は、充電器の数が気になるところです。

結論から言うと、たびのホテルはコンセントの数が多いため、ビジネス利用にも最適でした。

机の上には、コンセントとUSBケーブルの差込口が、各1個ずつあります。

たびのホテル佐渡 レビュー

さらに、ベッドの近くには、コンセントが合計3個も付いています。

たびのホテル佐渡 レビュー

毎日使うスマートフォン、アイパッド、パソコンなどを同時に充電しておくことも可能です。

「あったら嬉しい!」というアメニティが常備されている

たびのホテルを利用して高評価に感じたのは、アメニティの充実度です。

ビジネスホテルのアメニティと聞くと、一般的に「爪切り」や「アイロン」などが思い浮かぶかと思います。

しかし、たびのホテルのアメニティは、ビジネス客だけでなく旅行者向けのアメニティも充実しているのが特徴です。

たびのホテル佐渡 レビュー

たとえば、

  • 自転車
  • 腹筋ローラー
  • ヨガマット

など、旅行に役立つアイテムや、ホテル生活を充実できるアイテムが揃っていました。

さらには、女性に喜ばれる「ヘアアイロン」や「清掃道具」なども用意されています。

ヘアアイロンをトランクに入れると「荷物になるので旅行には持っていきたくない…」というのが本音。

しかし、ホテルにヘアアイロンが常備されていれば、身軽に旅行できます。

そんな利用客の悩みを解決してくれるアイテムが盛りだくさんのアメニティで、非常に利便性が高いと感じました。

客室のアメニティ

客室には、リラックスしやすいゆったりサイズの部屋着もありました。

たびのホテル佐渡 レビュー

部屋ぎは、少しでも荷物を減らして宿泊したいビジネス利用客や、旅行客に嬉しいアメニティです。

また、お茶やコーヒーなどのドリンクも備わっています。

たびのホテル佐渡 レビュー

冷蔵庫の容量は、1泊~3泊ほどの利用に丁度良いサイズです。

たびのホテル佐渡 レビュー

使用前はあらかじめ電気が消えています。

利用の用の際に冷蔵庫の電源を入れるシステムのため、地球環境に配慮していることが分かります。

浴室

個人的に、ビジネスホテルを予約する際に気にしているのが「浴室」です。

浴室は1日の疲れを落とす場所でもあるので、なるべく清潔で気持ちよく使いたいところです。

そして、たびのホテルの浴室は、お部屋と同様にとても清潔感がありました。

たびのホテル佐渡 レビュー

真っ白なタイルに磨かれたピカピカの鏡、そして綺麗なバスマット。

安心して宿泊できたのは、毎日清掃してくださるホテルの清掃員の方がいるからだと、改めて感謝することができました。ありがとうございます。

さて、浴室のアメニティで気になったのは、Orange Roseのトイレタリー用品(シャンプー・コンディショナー・ボディーソープ)です。

ボタニカル由来のトイレタリー用品

たびのホテル佐渡 レビュー

植物由来のボタニカル成分が配合された製品で、実際の使用感も良い印象を受けました。

香りも良く、髪もまとまりが良かったので、こちらも安心して使用できました。

浴室のアメニティ

たびのホテル佐渡 レビュー

浴室のアメニティは、こちらです。

  • 歯ブラシ
  • くし
  • ドライヤー
  • カミソリ
  • 綿棒

個人的に「素敵だなぁ」と感心したのが、歯ブラシやくしが環境に配慮された素材で作られていることです。

例えば、こちらのヘアブラシは食用外のお米を20%配合して作らています。

たびのホテル佐渡 レビュー

触り心地は100%プラスティックの物よりも若干ザラザラしています。

しかし、使用感は一般的なくしの使い心地とほとんど同じに感じました。

 

また、くしだけでなく歯ブラシも地球環境に配慮したものを使用しています。

こちらは、手持ちの部分に食用外のお米を35%配合した歯ブラシです。

たびのホテル佐渡 レビュー

ハンドルの部分に穴を空けた構造にすることで、耐久性は下がりますが、原料が減るためゴミも減ることが分かります。

このように、たびのホテルは資源を大切にしている姿勢が見られ、とても好印象に感じました。

佐渡らしさが味わえる!たびのホテルの館内

たびのホテルの館内には、佐渡らしさを楽しめる場所がいくつもありました。

まずは、コインランドリーの横に設置された「佐渡牛業」の自販機です。

たびのホテル佐渡 レビュー

佐渡乳業の商品のみが購入できる、佐渡島らしさあふれるラインナップです。

ちなみに、佐渡乳業の牛乳のラベルはトキの顔が特徴的です。

佐渡の地元のスーパーへ行くと、1リットルパックの牛乳がずらりと並べられている光景を見ることができます。

たびのホテルには、佐渡を一望できる屋上もある

たびのホテル 佐渡

屋上に登ることもできました。

屋上からは、佐渡の山々や田んぼ、民家などの田舎の風景を一望できます。

高いビルや大規模な商業用施設がないので、見晴らしの良い景色です。

まとめ

たびのホテルには、部屋に備え付けのバスルームとは別に、佐渡の海洋深層水を使用した大浴場があります。

自然が豊かな佐渡ヶ島の水深332mの成分を活かしており、リラックス・心身のリフレッシュなどの効果が期待できます。

高機能なドライヤーや、植物エキスを活かした肌に優しいトイレタリー用品(シャンプー・トリートメント・ボディーソープ)などもありました。

たびのホテルの詳しい情報は、こちらのリンクを参考にしてください。

【たびのホテル│予約サイトまとめ】

予約サイト 掲載の有無
楽天トラベル
るるぶトラベル
じゃらんnet
JTB

本記事ではご紹介していない海洋深層水のお風呂についても、予約サイトでは写真付きで詳しく確認できるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました