佐渡島|歴史感じる相川地区の古民家レストラン「京町亭」

sado/佐渡ヶ島

佐渡の相川地区でおしゃれなレストランをお探しですね。

相川地区でランチするなら、雰囲気がとっても素敵な「京町亭」というお店をおすすめします。

古民家を改装した温かなぬくもりと、窓からは日本海の海を一望できるレストランです。

この記事では、佐渡在住の筆者が実際に体験した、京町亭でのランチの様子を写真付きでご紹介します。

「佐渡の相川地区でおすすめのレストランを探している」という方は、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

佐渡・相川地区にある古民家レストラン「京町亭」

佐渡ヶ島の西側に位置する、歴史ある地域「相川」。

相川地区には、佐渡の観光名所である「佐渡金山」「浮遊選鉱」のある場所です。

歴史的な建造物は、観光名所のみならず、住宅街にも残されています。

そんな魅力的な地域の一角に、古民家空間を愉しめるレストラン「京町亭」があります。

京町亭 佐渡 レストラン

臙脂色の「のれん」と、自然の形を帯びた木の看板から、すでにおしゃれな雰囲気が伺えます。

京町亭 佐渡 レストラン

さて、そろそろ中に入ってみましょう。

京町亭 佐渡 レストラン

京町亭のランチメニュー

京町亭のメニューは、どれも佐渡産の食材が使われています。

メニューは豊富で、パスタやグラタン、ハンバーグ、オムライスなどがあります。

今回は、筆者が注文したこちらのメニューをご紹介します。

  • 佐渡産カキのシーフードグラタン(パン付き)
  • 3月のおすすめスパゲッティ|佐渡産カキのクリームスパゲッティ
  • 佐渡産わかめの和風スパゲッティ
  • 季節の野菜とアンチョビのスパゲッティ
  • スープとサラダのセット

写真付きで見ていきましょう。

佐渡産カキのシーフードグラタン(パン付き)

京町亭 佐渡 メニュー

佐渡島の東に位置する加茂湖(かもこ)では、牡蠣の養殖がおこなわれています。

冬から春にかけて、加茂湖の周辺では牡蠣小屋を愉しむこともできるのです。

そんな佐渡の新鮮な食材を使用した、牡蠣のシーフードグラタン。

牡蠣と相まって濃厚なクリーミーさを味わえる一品でした。

グラタンの他には、パンも付いてきます。

最後は、お皿に残ったクリームを、パンですくいながら食べるのが個人的に大好きな食べ方です。

3月のおすすめスパゲッティ|佐渡産カキのクリームスパゲッティ

佐渡産カキのクリームスパゲッティ

毎月、旬の食材を使用したスパゲッティのメニューがあります。

メニューには「今月のおすすめスパゲッティ」と記載されています。

2021年3月に筆者が訪れた時は、佐渡産カキを使用したクリーミーなスパゲッティでした。

たっぷりのチーズと生クリームに、牡蠣・ほうれん草・ベーコンも加わり、贅沢なメニューでした。

佐渡産わかめの和風スパゲッティ

京町亭 佐渡 メニュー

筆者お気に入りの「佐渡産わかめの和風スパゲティ」。

わかめが入ったパスタを初めて食べたのですが、ダシが効いていて本当に美味しい。

わかめのコクだけでなく、海苔やあさり、かつお節からもダシが取れていて、クセになる味でした。

また、パスタに和風だしの味がしっかりついていて、パスタを噛むたびに美味しさを感じられました。

季節の野菜とアンチョビのスパゲッティ

京町亭 佐渡 メニュー

こちらは、アンチョビ・あさり・きのこ・キャベツのペペロンチーノ。

オリーブオイルたっぷりのソースに、アンチョビの塩気がほどよく効いた一品でした。

スープとサラダのセット

京町亭 佐渡 メニュー

料理を注文すると、+150円でスープとサラダのセットを付けることが可能です。

メイン料理が来る前に提供してくれますので、待つことなくすぐに食べられるのは嬉しかったです。

お値段も手ごろですので、「前菜も楽しみたい」という方にはおすすめです。

京町亭のデザート・カフェ

佐渡相川の京町亭では、ランチのお食事のほかにデザートもあります。

数あるデザートメニューの中でも、筆者が注文したデザートをご紹介します。

佐渡産フルーツを使用した特製パイ

佐渡のレストラン「京町亭」

パイ生地をフォークでつつくと、パリっと割れて、いい音がします。

ほくほくと温かい出来立てのパイ生地に、りんごのコンポートとクリームが包まれていました。

佐渡のレストラン「京町亭」

パイ生地とコンポートを合わせて食べると、、、ありきたりな言葉になってしまいますが、ほんとに「最高!」です。

パリパリとふわふわの食感のバランスが丁度良く、ほどよく甘く、いつまでも食べていたいと感じたデザートでした。

京町亭特製ワッフル

京町亭 佐渡 メニュー

チョコレート味のワッフルは、出来立てで湯気が立っています。

あたたかいワッフルと冷たいアイスクリームを一緒いただき、口の中でアイスを溶かしながら食べるのが、筆者の楽しみです。

バナナやイチゴ、キウイなどのフルーツと一緒にワッフルを食べれば、アイスとはまた異なり、フルーツの酸味の効いた味を楽しめました。

フルーツの数だけ様々な味を愉しめるので、一口ひとくちが幸せでした。

抹茶のフィナンシェ

佐渡のレストラン「京町亭」

こちらは、試作として来店されたお客さんにお配りされていたデザートです。

お心遣いが素敵ですね。

美味しい食事や古民家のあたたかい雰囲気だけでなく、店員さん方の優しさも感じられました。

飲み物・ドリンク

京町亭 佐渡 メニュー

ドリンクも豊富な種類がありました。

今回は、佐渡番茶オレやコーヒを注文してみました。

デザートや〆の味にぴったりな味わいです。

京町亭の店内の雰囲気

佐渡相川の京町亭は、古民家のぬくもりある店内です。

店内は広く、テーブル席と窓際のカウンター席、靴を脱いでくつろげる座敷の席の3種類があります。

佐渡のレストラン「京町亭」

背景に遊び心のある可愛らしい暖炉もみかけました。

あえて整えられていない、暖炉後ろの不均衡な石の重なりが、緊張感を解きほぐし、くつろぎや安らぎを与えてくれるようです。

炎が燃えている暖炉も、ぜひ見たくなり、次訪れる楽しみが増えました。

佐渡のレストラン「京町亭」

店内には、ピアノもありました。

コンサートなども開かれるのでしょうか。

佐渡のレストラン「京町亭」

海の見える古民家レストラン

京町亭の魅力のひとつに、店内から海の見える風景があります。

カウンター席に座れば、海を眺めながら食事を楽しめます。

壁一面が窓の造りなので、開放感もあります。

逆光で少し店内が暗く映っていますが、光が差し込むので、実際はとても明るいです。

相川地区で観光をした後は、佐渡らしい風景と、佐渡産の食材を使用した料理を味わってみてはいかがでしょうか。

最後に

以前、佐渡に観光で訪れる知人に、相川地区でおすすめのレストランを聞かれたことがありました。

佐渡の相川は、先述した通り歴史ある地域で、観光にも適しています。

ただ、佐渡金山や浮遊選鉱での観光は、比較的長い距離を歩きながら見物するため、面白い反面、見終わった後にはどっと疲れがでてくることも。

そんな中、ぬくもりある古民家に辿り着けば、疲れも一気に吹き飛びます。

美味しい佐渡産の食材を使った食事を、古民家空間でいただけば、まるで歴史の中に迷い込んできたかのような感覚に陥るはず。

京町亭は、歴史ある観光地を巡ったあとに訪れるのにおすすめの場所。

佐渡金山や浮遊選鉱、版画美術館など、相川地区の観光後には、ぜひ京町亭でのランチを楽しんでみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました