TOEICのよく出る単語と品詞の語尾まとめ│目指せTOEIC800点

TOEICのよく出る単語と品詞の語尾まとめ│目指せTOEIC800点
クマの吹き出し

1ヶ月で、TOEIC350点→800点を目指すクマです!

 

勉強した内容を、分かりやすくまとめています。

TOEICの単語穴埋め問題って、難しいですよね。

ただ、参考書を読むと分かりますが、出題の傾向が似ているため、ルールを知っておくことが大事です。

そこで今日は、TOEICの頻出単語と品詞の語尾をまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

1.期限を表す「〇〇までに」は、no later than A / by A

締め切りや期間を伝えるとき、「〇〇までに」と期限を限定するフレーズを使いますよね。

「〇〇までに」を英語で言うと、

  • no later than A
  • by A

と表します。

クマの吹き出し

no later than Aを日本語に訳すと、「遅くともAまでに」というニュアンスが含まれています。

また、laterとは形容詞で「後の」「遅い」という意味があり、発音はの発音は[léɪṭɚ]です。

さっそくno later thanを使ってみた!

数ヶ月前から同じ本を読んでいるので、そろそろ読み終わりたい…

そんな時は、期限を表す英語を使ってこのように言うことが可能です。

→ I have to read this book no later than this month.(今月までにこの本を読み終わらないといけない)

no lather thanの後には、今週までに・〇月〇日までに・〇時までになど、時間を表す単語を配置できます。

2.英語で「置き換える」は、replace A with B

何かを置き換えるときに使う英語は、replace A with Bです。

replaceという単語は、re(再び)place(置く)という意味に分割して覚えると分かりやすいですね。

replaceとexchangeの違いは?

何かを交換するときは、exchange A for Bが使われます。

吹き出し

replaceとexchangeは意味が少し似ていますよね。これらの違いも見ておきましょう。

replace:古いものや壊れたものを、新しいものに「置き換える」時に使う

exchange:「交換する」という単語で、その後に続く前置詞によって意味合いが異なります。

  • exchange A for Bは、AとBを交換する
  • exchange A with Bは、(同じ種類の)AとBを交換する

ちなみに、お金を両替する時も、exchangeを使います。

3.英語で「~を減らす」は、reduce・decrease

クマの吹き出し

「~を減らす」という動詞のreduceとdecreaseは、用途が異なるんですね。

reduceは、(だれかの意思や意図をもって)減らす、という意味があり、通常他動詞で使います。

decreaseは、(自然に)減少する、という意図があり、通常自動詞で使われます。

他動詞と自動詞の違いや、使える場面が異なる点に注意したいです。

実際の例も見ておきましょう。

ダイエットの目標体重を言うときは、自分の意思が含まれているので、

i want to reduce my weight 3kg more.(あと3キロ減らしたいです)と、使えるでしょう。

一方で、i want to decrease my weight 3kg more.の場合は、不自然な意味になってしまうので使えないのが分かります。

4.後ろに-ing形(動名詞)を置けるconsider

熟慮する・よく考えるという英語のconsider。

冒頭の発音は、コンという響きよりもカンに近い[kənsídɚ]です。

considerは、後ろに動名詞を置ける動詞ということがポイントです。

TOEICの穴埋め問題で、to ____ -ing(動名詞)という問題があれば、considerが選択肢に考えられます。

「AをBだと思う」の言い換え

前置詞と組み合わせた単語も覚えておきましょう。

「AをBだと思う」の言い換え

  • consider A as B
  • regard A as B
  • think of A as B
  • view A as B
  • see A as B
  • consider A to be B
  • thinnk A to be B
  • believe A to be B

5.単語の末尾で、動詞・名詞・副詞・形容詞を見分ける

単語の末尾を知っておくと、動詞なのか、名詞なのか、はたまた副詞なのかを見分けるヒントが得られます。

TOEICの穴埋め問題では、瞬時に前後の関係から単語を選ばなければいけませんが、覚えておくと効率的に問題が解けるのでおすすめです。

単語の語末の見分け方をまとめましたので、一緒に覚えましょう!

多い語尾
動詞-ate,-en,-fy,-ize
名詞-acy,-al,-ance,-cy,-dom,-ee,-ence,-er,-ist,-ism,-ity,-or,-ship,-sion,-ty,-ity,-ment,-ness,-th,-tion
副詞-ly
形容詞-ive,-ical,-ious,-ful,-y,-ar,-ic,-able,-ible,-less,-ed

表でまとめると、名詞以外は数が少なめなので、簡単に覚えられそうです。

しかし、なかには例外もあるため、語尾だけで判断しないように注意してくださいね。

まとめ

今回は、TOEICで出題頻度の高い単語をピックアップしてご紹介しました。

TOEICで高得点を目指すなら、単語を覚えるだけでなく、傾向に沿って効率的な回答の仕方も知っておく必要があります。

次回のTOEICまでに、学んだことをブログでまとめますので、ぜひ一緒に頑張りましょう!

error:Content is protected !!