【お花屋伝授】バジルの増やし方と間引きの方法!プランターでも効果あり

【お花屋伝授】バジルの葉を美味しくする方法!プランターでも効果あり
クマの吹き出し

バジルの葉を増やすには、どうしたらいいの?
バジルの間引きの方法が知りたい。

プランターでバジルを育てると、「葉の数がなかなか増えない…」「成長が止まってしまった」「間引きのやり方が分からない」といった悩みがあるかと思います。

バジルは間引きを行うことで、株が元気に成長し、葉を増やす傾向があります。

そこで今回は、バジルの増やし方と間引きの方法をご紹介します。

バジルの育て方が分かりますので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

まずはバジルの特徴を知っておこう!

まずは、栽培方法をご紹介する前に、バジルの特徴を見ておきましょう。

バジルは、1本の軸にそって、左右に葉を付ける特徴があります。

バジルの葉 特徴

バジルの苗が成長すると、上へ上へとまっすぐに伸びていきます。

バジルの難点│成長したバジルの葉は美味しさに欠ける…

どんな野菜にも言えることですが、成長しすぎると苦みが増したりフレッシュさが欠けたりと、味が劣化します。

バジルも同様に、成長すると若い葉と比べて味が落ちてしまいます。

この理由は、大きく成長した苗に栄養を巡らせることために、エネルギーを消費してしまうからです。

そこで、ある程度成長したバジルの苗は、次にご紹介する間引きの方法で対策するのがおすすめです。

プランターでも効果あり!バジルの葉の増やし方

ここからは、バジルの葉を増やして、美味しする方法をご紹介します。

やり方はとても簡単です。

根に近いわき目を残して、その上でハサミを入れるだけです。

バジルの葉を増やす方法

ハサミでカットしたのがこちら。

バジルの育て方

わき目をすべてカットしてしまうと、栄養を摂取できなくなるのでNGです。

元気な葉を2枚以上は残すようにして、清潔なハサミで切りましょう。

2週間ほどすると、わき目から葉が成長して葉の数が増えます。

【間引き後のバジル】

バジル 間引き

若いバジルの葉は苦みも少なく、美味しさもアップします。

注意点1.切りすぎないこと

切る時は、わき目の近くに切り込みを入れないように、注意してください。

【やってはいけない切り方】

バジルの栽培方法

切り込みがわき目に近すぎると、わき目から成長した葉まで枯れてしまう可能性があります。

わき目から2~3㎝ほど離れた上を切るのがポイントです。

注意点2.元気な葉を2枚以上残すこと

もしも下段の脇芽が枯れていたり、弱っている・小さいなどの症状が見られる場合は、さらに上の元気なわき目の段から切るようにしてください。

【下段のわき芽が弱っている例】

バジルの葉を増やす方法

写真のような色素の薄い枯れかけている葉の上では、切らないようにしてくださいね。

弱っている葉だけが残ると、栄養を補給できずに苗が枯れる原因になるので、注意が必要です。

注意点3.雨の日・汚れたハサミで切らない

切り口から雑菌が入る可能性があるため、晴れた日に切るようにしましょう。

また、汚れたハサミも同様の理由から、清潔に洗ってから使うようにしてください。

わき目を残して切れば、バジルはどんどん伸びてくる!

今回は、バジルの間引きのやり方をご紹介しました。

根本に近い元気なわき目を残して切るだけで、バジルの葉はどんどん増えていきます。

また、若くて葉がつくため、効率よく美味しい葉を収穫できるようになりますよ。

「バジルの成長が止まってしまった…」
「葉が増えない…」
「味が苦い…」

こんな悩みを持つ方の解決策になれば嬉しいです。

ぜひ試してみてくださいね。

error:Content is protected !!