費用はいくら?子宮頚部の円錐切除術でかかった金額をすべて公開!

子宮頸がん円錐切除

先日、子宮頚部の円錐切除術を受けてきました。

私の体験をもとに、支払った費用をすべて公開します。

これから円錐切除術を受ける方は、「実際どれだけお金がかかるの?」と気になる方も多いはずです。

この記事では、手術費だけでなく、入院費や診察費まで細かく解説しています。

円錐切除術にかかるリアルな金額が分かりますので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

子宮頚部の円錐切除術にかかった費用はいくら?

実際に手術を受けた私の経験をもとに、支払った金額をご紹介していきます。

まず、円錐切除術に関連して、病院に支払った総額はこちら。

総額:97,532円

思ったより、お金がかかりました…。

 

高額の理由をこれから解説していきます。

まず、こちらの金額には、手術費以外も含まれています。

たとえば、手術前に検査を受けた費用や、手術後の診察代などです。

総額をの内訳をくわしく見ると、こちらの通り。

【総額の内訳】

 

  • 円錐切除術の手術費(2泊3日):70,432円
  • 円錐切除術前の検診費:5,890円
  • 円錐切除術後の定期的な受診料(2回分):640円
  • 大出血による時間外の受診料(3回分):20,570円

全てあわせて、97,532円でした。

次の章からは、それぞれの費用の内訳について、深掘りしてご紹介します。

1.円錐切除術の手術費(2泊3日)

こちらは、2泊3日で入院し、円錐切除術を受けた金額です。

手術費(2泊3日):70,432円

費用はいくら?子宮頸がん円錐切除でかかった金額

円錐切除術にかかる平均的な費用は、4万~5万円と言われています。

病院によっては、日帰り入院といった短い日数で受けられる所もあり、入院日数が短いほど、費用は安いです。

私の通っていた病院では、1泊2日を勧めていましたが、出血が不安でしたので2泊3日に日数を伸ばしてもらいました。

そのため、入院日数が長いぶん、円錐切除術にかかる平均よりも高い金額でした。

2.円錐切除術前の検診費

円錐切除術を受ける前に、健康に異常がないかどうかを調べる身体検査を行いました。

その時にかかった費用が、こちらです。

円錐切除術前の検査費:5,890円

費用はいくら?子宮頸がん円錐切除でかかった金額

当たり前ですが、いつもの診察よりお金がかかるんですね…

こちらの検査では、血液検査・肺機能の検査・心電図・レントゲンを受けました。

ちなみに、手術日の1週間まえに検査を受けており、検査結果はその日のうちに出ました。

検査で異常がないこと確認したうえで、手術の日程を決めたり、説明を受けたりしました。

3.円錐切除術後の定期的な受診料(2回分)

手術を受けた後も、出費はあります。

手術後の傷口の経過を確認するために、1週間おきに病院へ通い、診察を受けました。

その時の金額がこちら。

円錐切除術後の診察料(2回分):640円

1回あたりの診察料は、320円でした。

私の場合、出血が長引いていたため、2回とも診察では止血の処置を受けました。

診察費だけを見ると、他と比べてとても安く感じます。

4.大出血による時間外の受診料(3回分)

私の場合、なんと多量の出血を3度も経験しました…。

そのため、予約をしていない「時間外の受診料」の費用が3回分もかかっています。

金額をあわせると、こちらの通り。

大出血による時間外の受診料(3回分):20,570円

本来であれば、支払う予定のない費用でした…泣

なぜ、これほど高額になってしまったのかと言うと、原因はこちら。

  1. 夜間に診療を受けたから
  2. 入院をしたから

もし診察する日が、平日で昼間の時間帯であれば、数百円で済みました。

さらに入院をしてしまったので、大きな出費となりました。

3回分の時間外診察料について、さらに詳しく見ていきましょう。

1回目の時間外診察料:18,130円

1回目に大出血をして診察したのは、夜間の時間帯でした。

この日は、出血量が多く、帰宅するのは危険だと判断されたため、入院(1泊2日)したので高額になっています。

費用はいくら?子宮頸がん円錐切除でかかった金額

入院すると精神的には安心ですが、お金がかかるというデメリットもあります。

ただ、私はこの日、入院した数時間後に倒れて運ばれました…。

ナースコールで看護師さんに助けていただいたので、帰宅せずに入院してよかったと今では思っています。

2回目の時間外診察料:1,640円

2回目に大出血では、夜間の時間帯に診療をしてもらいました。

診察料は、1,640円です。

ちなみに、夜間に診察するだけで、再診料が約6倍も高くなっていました。

負担割合は30%ですから、実際に支払う再診料はこちらの通り。

  • 夜間の初・再診料:1,500円(4,990円)
  • 昼間の初・再診料:240円(790円)

※括弧内は30%割引される負担前の金額

費用はいくら?子宮頸がん円錐切除でかかった金額

受診する時間帯が違うだけで、再診料はかなり違うことが分かります。

そのため、円錐切除術を受けた後は、夜間に診察しなくてもいいように、安静に過ごすのがベストです。

3回目の時間外診察料:620円

3回目の大出血で診察を受けたときは、平日の昼間の時間帯でした。

この日、3度目の大出血にしてやっと、縫合(傷口を縫う処置)で止血をしてもらいました。

生理期間も重なっていたので、エコーによる検査も受けています。

支払ったお金は、たったの620円。

費用はいくら?子宮頸がん円錐切除でかかった金額

正直なところ、もっと早くに縫ってもらうべきだったと、反省しています。

縫ってからは治りが早くなり、その後は一度も大出血を起こしていません。

もし、「縫うのは痛くない?」と不安を感じる方は、こちらの記事に詳しく書いていますので、ぜひご覧ください。

【ブログ】円錐切除後に麻酔なしで縫うのは痛い?縫合の流れは?

ナプキンなどの費用もかかる

病院に支払う費用のほか、手術のために必要な日用品もあります。

たとえば、ナプキンです。

生理であれば、1週間分で間に合います。

しかし、円錐切除術後の出血は、約1~7週間ほど続くと言われています。

つまり、通常の生理でかかるナプキン代の、数倍かかることを知っておくと安心です。

おすすめのナプキンは肌にやさしい「はだおもい」

円錐切除術後は長期間ナプキンを使用していたので、「肌荒れした…」というトラブルもありました。

肌荒れを起こして皮膚科に通えば、それだけお金もストレスもかかります。

そこでおすすめなのは、敏感肌用のナプキン「はだおもい」です。

ユニ・チャームが提供している「はだおもい」は、コットンのような優しい素材なので、肌触りがとても良いです。

「はだおもい」に変えてから、かゆみ・チクチクとした違和感を感じなくなりました。

また、つけ心地が良いので、円錐切除術後で長期間ナプキンを使用していても、ストレスが大幅に減りました。

「ナプキンで肌荒れする…」「チクチクしてつらい…」という方は、ぜひ「はだおもい」を試してみてくださいね。

「はだおもい」を楽天で確認する

まとめ

子宮頚部円錐切除術で病院に支払った総額は、97,532円でした。

そのうち2泊3日の手術費は、70,432円です。

一般的な手術費は4~5万円と言われており、私の場合は入院日数が長いために高額となってしまいました。

そのほか、定期的な診察代や、大出血による予約外の治療費などのお金もかかりました。

「思ったより、お金がかかるんだな…」というのが、経験後に感じた率直な感想です。

円錐切除術後の検査結果によっては、今後も治療が必要なケースもありますので、保険に入っておくと安心です。

「保険を見直したい」「まだ保険に入っていない」という方は、ぴったりの保険を提案してくれるサービスもありますので、ぜひ活用されてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました