【ブログ】二泊三日の手術の様子!円錐切除術の流れや費用について

美容・健康

「子宮の入り口に中等度異形成(CIN2)の細胞がある」

こう診断されてから、4年が経ちました。

中等度異形成ならば、50%の確率で自然に治る可能性があると言われていたため、しばらく様子をみていました。

しかし、4年が経過しても治るどころか、先日の検査で高度異形成(CIN3)の診断が出てしまったのです。

「高度異形成ならば手術をした方がいい」と医師からすすめられました。

今回、私が受けた手術の名前は、「子宮頸部円錐切除術(しきゅうけいぶ えんすいせつじょじゅつ)」と言います。

少し長い手術名ですが、簡単に説明すると、癌ができやすい子宮の入り口を、円錐型に切る手術です。

(引用:日本赤十字社|大阪赤十字病院

円錐切除術をすると子宮は残りますので、「手術を受けても妊娠は可能」と言われました。

ただ、子宮頚部が短くなることにより、早産・流産のリスクは高まることも。

デメリットもありますが、癌となっては遅く、早めの処置を受けることが最優先ですので、すぐに手術することを決めました。

スポンサーリンク

円錐切除術・二泊三日の1日目の流れ

14:00 午後から病院に入ります。看護師さんに案内されて、産婦人科病棟に移動。割り当てられたベッドに自分の荷物を置きます。

病院によっては、手術が日帰りのケースもあります。私の通っていた病院では、1泊2日でした。ただ、術後の経過が不安でしたので、個人的に2泊3日に入院期間を伸ばしてもらっています。

14:30 看護師さんから体調のチェックを受けます。体温・血圧・体重・身長をはかりました。

15:00 病室に麻酔科の先生が現れ、麻酔の方法について話ました。もともとは下半身麻酔を希望しいていたのですが、「下半身麻酔だと、手術中の音が聞こえたり、焼いている臭いがしたりする」と説明され、最終的に全身麻酔を希望しました。

全身麻酔・半身麻酔などの麻酔の方法は、病院によって異なります。

15:30 病室に手術を担当する医師が現れ、明日の手術についての簡単なコミュニケーションを取りました。

16:00 シャワーを浴びました。

16:30 自由時間なので、読書したり、海外ドラマを見たりしながら過ごしました。

18:00 夕食をいただきました。明日の手術では全身麻酔をするため、夜9:00~翌朝10:00までの食事が禁止されます(水はOKでした)。

20:00 看護師さんから、体温・血圧のチェックを受けました。

21:00 就寝。ぐっすり眠れました。

円錐切除術・二泊三日の2日目の流れ

8:00 看護師さんから体温・血圧のチェックを受けました。

9:00 浣腸をします。全身麻酔をすると腸の動きが止まるため、前もって体内のものを出す必要があるためです。浣腸は初めての経験でしたので、あまりの痛さに冷や汗をかいてトイレで苦しんでいました。

浣腸って、おそるべし…

10:00 この時間をもって、水も飲めなくなります。

13:00 いよいよ手術が始まります。手術用の服に着替え、看護師さんと一緒に、自分の足で手術室まで歩いていきました。ピアス・指輪・メガネ・ネイルなど、体に付けているものは全て外していきます。

手術台に横になるのと同時に、スタッフの方が私の体に心電図をつけます。

続けて話麻酔科の先生が、左手に麻酔の注射を打ちます。

先生が何か私に話していましたが、だんだんと声が遠くなり、意識がなくなりました。

 

14:00 目が覚めた頃には手術を終えて、病室に運ばれていました

気づくと、膀胱(ぼうこう)あたりに強い痛みが走り、麻酔でもうろうとする意識のなかで、「痛い、痛い」と声に出していました。

その理由は、膀胱に尿を汲み取る管が繋がれ、膣には止血のために15㎝もの大きなガーゼが詰められていたからです。

身動きできない原因は他にもあって、利き腕と反対の右腕には点滴。口には酸素マスク。指と体には心電図の線が繋がれていました。

14:30 繋がれていた酸素マスクが外れ、自然に呼吸できるようになります。時間が経つにつれ、辛いと感じた股付近の痛みにも徐々に慣れてきました。

 

~翌朝10:00まで 点滴・心電図・尿カテーテルが繋がれた状態で、翌朝10:00までベッドの上で過ごします。約20時間も同じ体勢でしたので、精神的にも肉体的にもかなり辛かったです。

約20時間も寝たきりなので「Audible」で気を紛らわす

横になっている時間があまりにも長いと、寝ることもできず、ただただ時が過ぎるのを辛抱して待つしかありませんでした。

そんな時、ラジオや音楽を聴いたり、本を朗読してくれるAmazonのアプリ「Audible」を聞くことで、少しでも気持ちが楽になりました。

Audibleでは、プロのナレーターが朗読した本を聴けるため、手術後で腕や体を動かせない状態でも、気になる本を読む(聴く)ことができます。

ちなみに私は、カズオイシグロさんの『私を離さないで』をダウンロードして聞いていました。

何かに集中していると、ただひたすら時が過ぎることを待つだけの苦しい時間も、少しだけ楽に思えます。

小説だけでなく、語学本や英字新聞などもあり、2か月間は無料で利用できるので、ぜひ活用されてみてください。

Audibleを無料体験してみる

全身麻酔が不安なときは…

全身麻酔をすると、だんだんと意識が消えていきます。

意識が消える瞬間に、もっと生きていたい…死にたくない…と考えてしまうと、余計に苦しくなります。

全身麻酔が怖い時は、全く関係のないおだやかな場面を考えると、苦しみとは別の方向に意識が向くのでおすすめです。

「愛犬の〇〇が楽しそうに遊んでいるなぁ」
「庭の野菜が大きく育っているなぁ」

どんなに些細なしあわせでも大丈夫です。

全身麻酔で恐怖を感じたら、日常のささいな風景を想像することを試してみてください。

現実に抵抗する気持ちが自然と消えて、心が楽になるはずです。

円錐切除術・二泊三日の3日目の流れ

8:00 看護師さんが体温・血圧のチェックを受けます。全身麻酔で止まっていた腸の動きが、正常に戻っているかを調べるために、聴診器で腹部の音を聞かれました。

 

10:00 尿カテーテル・心電図・点滴が体から外されました。健康状態を確かめるために、ベッドに寝たまま採血されました。

この時、尿カテーテルを外した痛みが残り、1日ずっと排尿時の痛みに苦しむことになります。

尿管カテーテルを取る時は、粘膜を傷つけないためにも、力を抜いてリラックスすることをおすすめします。

 

10:30 採血の結果が出ました。手術により出血はありましたが、白血球・赤血球などを調べ、貧血ではないようでしたので、安心です。

 

11:00 診察のために、診察室へ移動します。術後入れていた、巨大なガーゼを抜いてもらいます。違和感がなくなり、すっきりしました。出血が続いているようなので、止血のために新しいガーゼを入れてもらいました。

 

12:00 術後はじめての食事です。メニューは通常のものでした。食欲はありましたので、完食しました。

 

13:00 看護師さんから、体温・血圧を測り、体調チェックを受けます。経過に問題がないようなので、退院をしました。

費用はいくら?二泊三日の円錐切除にかかったお金

こちらは、二泊三日で入院し、円錐切除術を受けた金額です。

手術費(2泊3日):70,432円

費用はいくら?子宮頸がん円錐切除でかかった金額

円錐切除術にかかる平均的な費用は、4万~5万円と言われています。

病院によっては、日帰り入院といった短い日数で受けられる所もあり、入院日数が短いほど、費用は安いです。

私の通っていた病院では、一泊二日を勧めていましたが、出血が不安でしたので二泊三日に日数を伸ばしてもらいました。

そのため、入院日数が長いぶん、円錐切除術にかかる平均よりも高い金額でした。

タイトルとURLをコピーしました