子宮がん検診を受けていない人へ|痛い目にあったわたしの失敗談【ブログ】

子宮がん検診を受けていない人へ|痛い目にあったわたしの失敗談【ブログ】

こんにちは、amicoです。

過去に15回以上の子宮がん検診を受診してきましたが、初めは検診を受けるまでかなり時間がかかりました。

そこで自分の失敗談をもとに、「子宮がん検診まだ受けてない…」という方に検診についてまとめました。

スポンサーリンク

そもそも子宮がん検診とは?

SNSで子宮がん検診を勧める情報を見かけたことがあるかもしれません。

子宮がん検診の特徴は、

  • 20歳以上の女性が対象
  • 子宮付近の細胞が正常かどうかを検査する
  • 基本的に2年に1回を推奨されている

ことが挙げられます。

女性の体は、性行為や生活習慣などにより、子宮の細胞ががん化するケースがあります。

そのため定期的な検査によって、早期発見やリスク回避などができるのです。

子宮がん検診はどこで受けられるの?【A.産婦人科】

子宮がん検診は、産婦人科で受けられます。

産婦人科で受診する方は、病院に予約を取ってから行くことをおすすめします。

予約なしで受けられるケースもありますが、予約しておいた方がスムーズです。

吹き出し

予約しないと子宮がん検診を受けられない病院もあるので、気を付けてくださいね。

ほかには、県や市が用意するバスドッグ(検診バス)でも検診を実施しています。

こちらは日程が決められているため、すぐに検診を受けたい人には向いていません。

子宮がん検診を受けなくても大丈夫?痛い目にあった本当の話

【体験談】子宮がん検診を受けなくても大丈夫?で痛い目にあった話

ここからは、私の体験談に少しだけお付き合いください。

数年前のある日のこと…

子宮がん検診のクーポンが家のポストに入っていた。

 

ピンク色の紙にカラフルな字で「20歳以上の女性は子宮がん検診を受診しましょう」と書いてある。

今は仕事も遊びも忙しいし、病院に行く暇なんて少しもない。

そんな時間とお金があったら好きなことに使いたいよねと、つぶやいて引き出しの中に閉まった。

それから2年間、私は引き出しから検診の紙を出すことなく、存在すらすっかり忘れていた。

いつも通りに仕事でせわしなく働いていたある日のこと、職場のデスクに腰かけた自分の下腹部から異様な臭いを感じた。

イカや魚が腐ったような、人を不快にさせる臭いだ。

不安が込み上げて仕事どころではないため、その日の午後は有休を使い産婦人科に駆け込んだ。

この時はじめて産婦人科を受診し、自分が子宮の病気にかかっていることに気づく。

一歩遅れていたら、後戻りできない場所に居た。

医師からは、「子宮がん検診を受けなさい」この一言だけだった。

子宮がん検診の結果は「異常あり」と診断された。

自分の体なのに自分でも分からないことがあるのだと、この時身をもって感じた。

その後の精密検査で中等度異形成(CIN2)、数年後の検査では高度異形成(CIN3)とステージが上がっている。

どうか子宮がん検診を軽んじることなく、まずは一度受けに行ってほしい。

子宮がん検診はクーポンや払い戻し制度を活用しよう

子宮がん検診はクーポンや払い戻し制度を活用しよう

子宮がん検診はクーポンが積極的に発行されているため、安く受診することが可能です。

全額無料のクーポンもあれば、一部を割り引いてくれる制度などさまざまです。

全額実費で受ける必要がないため、初めての方でも受診しやすいのが特徴。

吹き出し

ちなみに先月、子宮がん検診を受診してきました。

 

市のクーポンを使用したため、自己負担額は1,000円でした!

検診と聞くと「高そう…」と感じますが、価格は無料から1,000円前後で受けられます

思っていたよりも安いと思いませんか?^^

子宮がん検診のクーポンを受け取る流れ

子宮がん検診のクーポンが届いているという方は、そちらをご利用ください。

「失くしてしまった…」「見当たらない」という方のために、私がいつも発行している方法をご紹介します。(私もよく失くしてしまいます…)

 

【受け取りパターン1】

※子宮がん検診のクーポンが手元にない方向け

1.最寄りの市役所の健康課に電話
2.子宮がん検診を受けたい旨を伝える
3.「記入用紙を下記に来て」と言われるので市役所へ行く
4.後日クーポンが家に届く

市役所の「健康課」の名称は場所によってことなり、

  • 健康づくり増進課
  • 健康増進課
  • 健康福祉課

などと呼ばれるので確認されてみてくださいね。

 

【受け取りパターン2】

※検診を受けた後に申請する方向け

1.最寄りの市役所に電話
2.子宮がん検診の払い戻し制度があるかを確認する
3.用紙に記入をして払い戻しを申請する

払い戻しをしていない都道府県もあるのでご注意ください。

吹き出し

子宮がん検診を全額自己負担の場合、約7,500円ほどかかります。

 

払い戻し制度を実施していないケースもあるため、先にクーポンを発行してから受診されることをおすすめします。

 

【受け取りパターン3】

※市の割引制度を利用しない方向け

1.日本対がん協会のクーポンに応募する
2.デジタルクーポンを受け取る

市役所に相談すると丁寧に教えてもらえる

最寄りの市役所に相談をすると、子宮がん検診のクーポンについて丁寧に教えてもらえます。

市役所では、子宮がん検診以外にも、乳がん検診・大腸がん検診・がん検診などの様々な検診のクーポン券を発行しています。

ですから、決して恥ずかしいことではありません。

ごく当たり前の検診で、多くのひとが利用しているものなのです。

分からないことはぜひ最寄りの市役所の健康課に相談されてみてくださいね。

error:Content is protected !!