【イタリア語】100以上の数字の単語・読み方一覧!百・千・万・億の単位も

Italiano/イタリア語

イタリア語で100以上の数字の単語を一覧にまとめています。

ご紹介する数字は、百・千・万・億の位の大きな数です。

単語の読み方や覚え方もご紹介します。

イタリア語で100以上の大きな数を知ることができるので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

【イタリア語】100以上の数字の単語・読み方一覧

イタリア語で100以上の数字の単語をまとめています。

こちらの項目に分けて、単語・読み方・覚え方を解説していきます。

イタリア語の数字を学べるおすすめの1冊

イタリア語の数を使った例文も知りたい!

数字を詳しく学ぶなら、イタリア語の数字などを用いて役立つフレーズを紹介しているこちらの一冊をおすすめします。

 

この本では、数字の単語や読み方がまとめられている上、イラストの解説もあるので視覚的に楽しく学ぶことが可能です。

はじめてイタリア語を学ぶ方でも、数字を使ったフレーズをスッと理解できるようになりますので、ぜひ参考にしてみてください。

それでは、100以上のイタリア語の言い方を見ていきましょう。

百の位|100~900までのイタリア語と読み方

数字 イタリア語 読み方
100 cento チェント 
200 duecento ドゥエチェント 
300 trecento トレチェント 
400 quattrocento クワットロチェント 
500 cinquecento チンクエチェント 
600 seicento セイチェント 
700 settecento セッテチェント 
800 ottocento オットチェント 
900 novecento ノヴェチェント 

まずは、イタリア語で100~900までの数字の単語からご紹介しました。

単語の覚え方は、100を表す「cento」の前に、1~9の数字を加えます。

【覚え方の例】

  • duecento(200)=due(2)×cento(100)
  • cinquecento(500)=cinque(5)×(100)

例をご紹介します。

  • centouno(101)=cento(100)+1(uno)
  • centodiciassette(117)=cento(100)+diciassette(17)
  • novecentonovantanove(999)=novecento(900)+novantanove(99)

10の位・1の位の数字のイタリア語を確認したい方は、こちらの記事をあわせてご覧ください。

【イタリア語」100までの数字の単語と読み方一覧!

千の位|1,000~9,000までのイタリア語と読み方

数字 イタリア語 読み方
1.000 mille ミッレ
2.000 duemila ドゥエミーラ
3.000 tremila トレミーラ
4.000 quattromila クワットロミーラ
5.000 cinquemila チンクエミーラ
6.000 seimila セイミーラ
7.000 settemila セッテミーラ
8.000 ottomila オットミーラ
9.000 novemila ノヴェミーラ

1000の位は「mille」です。英語では「thousand」、日本語では「千」に値します。

2000~9000は、milleの複数形「mila」に変わります。

mille/milaの前に、1~9の数字の単語を加えることで、1000以上の数字を表現できます。

【覚え方の例】

  • duemila(2000)=due(2)×mila(1000)
  • settemila(7000)=sette(7)×mila(1000)
  • ottomila(8000)=otto(8)×mila(1000)

では、1002のように百以下に数字がある場合は、どのように表現するのでしょうか。

細かい数字の覚え方も見ておきましょう。

  • milledue(1002)=mille(1000)+due(2)
  • millecento(1100)=mille(1000)+cento(100)
  • millecentouno(1101)=mille(1000)+cento(100)+1(uno)

複数の数字を加えて単語を作っていますが、単語の間にスペースを入れる必要はありません。

スペースを入れずに、1つの単語として書かれていることに注意しましょう。

万の位|10,000~90,000までのイタリア語と読み方

数字 イタリア語 読み方
10.000 diecimila ディエチミーラ
20.000 ventimila ヴェンティミーラ
30.000 trentamila トレンタミーラ
40.000 quarantamila クワランタミーラ
50.000 cinquatamila チンクワンタミーラ
60.000 sessantamila セッサンタミーラ
70.000 settantamila セッタンタミーラ
80.000 ottantamila オッタンタミーラ
90.000 novantamila ノヴァンタミーラ

10,000以上の数は、mila(1,000)の前に10の倍数の数を加えます。

【覚え方の例】

  • ventimila(20,000)=venti(20)×mila(1,000)
  • ottantamila(80,000)=ottanta(80)×mila(1,000)

さらに細かい数字は、以下のように表現します。

  • quarantunomila(41.000)=quarantuno(41)×mila(1,000)
  • quarantacinquemila(45.000)=quarantacinque(45)×mila(1,000)
  • trontatremila settecentoquarantuno(33,741)=trontatre(33)×mila(1,000)+settecento(700)+quarantuno(41)

数が増えるほど、表現は複雑になりますね。

覚え方のポイントは、千の位で一旦区切ることです。

33×1000で一括り、後から741を加える、この覚え方で他の数も表現できます。

少し複雑ですが、少しづつ覚えていきましょう。

十万の位|100,000~900,000までのイタリア語と読み方

数字 イタリア語 読み方
100.000 centomila チェントミーラ
200.000 duecentomila ドゥーエチェントミーラ
300.000 trecentomila トレチェントミーラ
400.000 quattrocentomila クワットロチェントミーラ
500.000 cinquecentomila チンクエチェントミーラ
600.000 seicentomila セイチェントミーラ
700.000 settecentomila セッテチェントミーラ
800.000 ottocentomila オットチェントミーラ
900.000 novecentomila ノヴェチェントミーラ

十万の位のイタリア語は、100の位の数字に1000を掛けて表現します。

具体例も見ていきましょう。

【覚え方の例】

  • trecentomila(300.000)=trecento(300)×milla(1,000)
  • novecentomila(900.000)=novecento(900)×milla(1,000)

日本語で300,000は「30万」と言い、30×10,000で考えます。

しかしイタリア語は、百の位に千を掛けるので、300×1,000と表現する点に違いが見られます。

百万の位|1,000,000~9,000,000までのイタリア語と読み方

数字 イタリア語 読み方
1.000.000 un milione
ミリオーネ
2.000.000 due milioni ドゥエ ミリオー二
3.000.000 tre milioni トレ ミリオー二
4.000.000 quattro milioni クワットロ ミリオー二
5.000.000 cinque milioni チンクエ ミリオー二
6.000.000 sei milioni セーイ ミリオー二
7.000.000 sette milioni セッテ ミリオー二
8.000.000 otto milioni オット ミリオー二
9.000.000 nove milioni ノーヴェ ミリオー二

百万の位のイタリア語は、milioneを使います。

1.000.000はmilioneですが、2.000.000になると複数形のmilioniに変化する点にご注意ください。

覚え方は、1の位に百万の位を掛けて作ります。

【覚え方の例】

  • due milioni(2.000.000)=due(2)×milioni(1.000.000)
  • quattro milioni(4.000.000)=quattro(4)×milioni(1.000.000)

また、milioniの単語の前にはスペースが入り、単語が区切られていている点にも注意してください。

duemilioniではなく『due□milioni』と書きます。

細かい数字の表現も見ていきましょう。

  • un milione e uno(1.000.001 )=un milione(1.000.000)+uno(1)
  • due milioni e uno(2.000.001)=due milioni(2.000.000)+uno(1)
  • un milione e venti(1.000.020)=un milione(1.000.000)+uno(1)

数字は、英語の「and」に当たる、イタリア語の「e」で繋げて表現します。

例えば、2.000.001 ならば「2百万と1」、2.000.010なら、「2百万と10」のように考えます。

千万・億の位|10.000.000以上

数字 イタリア語 読み方
10.000.000 dieci milioni ディエチ ミリオーニ
20.000.000 venti milioni ヴェンティ ミリオーニ
100.000.000 cento milioni チェント ミリオーニ
200.000.000 duecento milioni ドゥエチェント ミリオーニ
1.000.000.000 un miliardo ウン ミリアルド
1.000.000.000.000 mille miliardi ミッレ ミリアルディ

千万の位から1億の位までは、百万の位で区切って考えます。

覚え方は、こちらです。

【覚え方の例】

  • dieci milioni(10.000.000)=dieci(10)×milioni(1.000.000)
  • cento milioni(100.000.000)=cento(100)×milioni(1.000.000)

数が多く見えますが、百万の位で区切ると少し全体像が見えて来るでしょう。

10億以上は単位が変わります。

問題

10億の単位は、miliardo。複数形は、miliardiです。

最後に、複雑な数字をご紹介します。

こちらの数字、イタリア語で言えるでしょうか?

ぜひ、チェレンジしてみてくださいね。

【問題】

123.456.789

 

【答え】

centoventitré milioni e quattrocentocinquantaseimilasettecentottantanove

長いですね…!少し解説すると、億単位なので、百万の位で区切って考えるのがポイント。

日本語で考えると、「123+456+789」です。

単位を意識して見てみるとこちら。

centoventitré milioni e quattrocentocinquantaseimilasettecentottantanove

区切りのルールが分かれば、スッと分かるようになりますので、1つ1つ覚えていきましょう。

イタリア語の単語をもっと知りたい方におすすめ

イタリア語の単語の知識を深めたい方には、7万5,000語ものイタリア語が収録されている、こちらの伊日中辞書の活用をおすすめします。

 

実際に筆者も使用してみましたが、イタリアの社会、生活、文化にまつわる単語も解説されており、とても勉強になりました!

文法や発音の解説もあるので、初めてイタリア語を学ぶ方にもおすすめです。

まとめ

この記事では、100以上の数のイタリア語をご紹介しています。

ご紹介した内容は、以下の通りです。

数字の単語や読み方も載せています。

また、イタリア語での数字の数え方・覚え方も詳しく解説しています。

単語を一覧でご紹介していますので、イタリア語で数字を学ぶのが初めての方でも分かりやすくなっています。

100以下の数字が気になる方は、こちらの記事もあわせてご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました